日々のつぶやき 食らう

ピッツェリア・スクニッツオ・シゲオでイタリアンを食らう!at 中津あたり

投稿日:2013-04-18 更新日:

不定期にお声のかかる「旨もん会」。
今回は、天神橋六丁目から徒歩15分、中津からも徒歩15分、中崎町から10分と言う不便~なところにあるシェフひとりだけ、カウンター10席のイタリアンで食らって来ました
実は~、昨年の11月?KくんのFacebookで「今まで食べたピザの中でダントツの1位(ポルチーニ茸のピッツア)」ってのを見たときから行きたかったお店なんです

なんせ、お店は10席だし、シェフがひとりなので営業中に予約の電話は
よって必然的に「予約が取れない!」となるワケですぅ
今回も、かなり早めに直接お店にKくんが出向いてくれて予約してもらいました(感謝)

20130416_225044  ピッツェリア・スクニッツオ・シゲオ

ADD : 大阪市北区本庄西2丁目4-7
TEL :06-6359-0770
OPEN : 18:00~23:00(L.O. 22:00)
座席数:10席 カウンターのみ
CLOSE:Monday

想像したよりもほんとにプチサイズのお店カウンターのみ10席。
シェフひとりでされてます。

「どうぞ!」と通された店内は、白を基調としたオープンキッチン

20130416_225042そして目に飛び込んでくるのは赤いタイル張りの釜
(釜を撮ったつもりが、シェフもフレームインでごめんなさい
この釜で、ピッツアだけじゃなく、お魚・鶏肉e.t.cが焼かれま~す

 

 

イタリアンは絶対にアンティパスト(前菜)から!と思ってる私は、まずはコレから

20130416_225040 アンティパスト2人前

最初に「本日は自家製ソーセージがありませんので」と言われ、ちょっとヘコんだけど、アンティパストにイカ墨のソーセージがあってうれし
菜の花も使われてて春を感じます

 

20130416_225039バニャー・カウダ

アンチョビとガーリックの香りでテンションあがります
野菜ひとつにもこだわりと、下ごしらえに手間を加えているのがわかって、シゲオさんの料理に対する愛情や真摯な態度を感じることができます。
チコリで食べるバーニャ・カウダは、たまらんです!

Kくんが、バーニャソースをパンにつけて食べたいとパンをオーダー。
パンがないと言うことで、素焼きのピザ生地が出てきましたが、コレまた最高に合います!

5人で食べるメリットっていろんなメニューを食すことができるコトですな~。

20130416_225047「鶏肉の薪窯(まきがま)焼き」

弾力がある噛み心地なのに固くないジューシーなチキン。
香草と塩、コショウ、オリーブオイルがメインの味付けと思います。
シンプルな分、鶏肉の本来の味を味わえます
5人でシェアだと、もう一皿オーダーしたいぐらい

ならばと今度は、

20130416_225038旬の魚の薪窯(まきがま)焼き

今日のお魚はイサキでした。
これもシンプルな味付けです。
なのになんでこんなにおいしいんだろっ・・・
こなみさんが丁寧に魚の身をほぐしてくれますぅしあわせ

そして!Kちん絶対のお薦め、ピッツアの登場

20130416_225037「ポルチーニ茸のクリームピッツア」

ポルチーニ茸ってなんでこんなに美味しい香りがするんでしょ~か?
ピッツアを切り離すと、トロ~ンとソースとチーズが滑り出し・・・・・
ん~もう絶品でしょうよー、コレ。

もう1枚のピッツアもKちんの絶対的お薦の・・・

20130416_225036「クアトロフォルマッジ(4種類のチーズ)」

4種類のチーズピッツアは、イタリアンではよくありますが、ここのチーズは香りが良くて、濃厚なのに、おなかにドンと来ないんですねー。
クリスピー系生地の方が普段は好きな私ですが、肉厚生地が旨いんです

おなかもいっぱいだけど、パスタをはずすワケにはいきませぬ~

20130416_225046トマトパスタ

トマトソースが本気で美味しいです。
ソースだけスプーンでなめちゃったモン

「シゲオ」の魅力はお料理だけじゃなく、リーズナブルなワインにもあります。
そこそこのイタリアンに行くと、ワインが1本5000円なんてこと、フツーですけど、
ここは2500円前後を中
心に置かれているし、お料理に合うワインでした

無口で、愛想はあんまりないシェフだけど、一皿来る度に料理への愛情を感じます。
これは一緒に食べに行っていた5人全員が感じたきもち。
料理人である以上、とても大切なファクターですよね。
それに、Kちんによると店内も厨房もとても清潔で手入れされていると言うのです。
確かに、白い壁が多い店内、汚れているところが目につきません。まだOPENして間もない?と思わせますが、2年は経過してるそうで、それだけ手をかけて掃除もされていると言うことですね~。小さなお店だし、最寄り駅からはそこそこ歩く。それでも予約でいっぱいなのは、リピーターが多いからだろうし、リピーターがまた口コミで「良かったよ」と言うからでしょう。

ほんとうに食べたかったら要予約です。
しかし!先の述べたように、OPEN中は基本的にシェフは電話に出られませんので、12時~17時の仕込みの時間を狙って電話、もしくはOPEN中に直接予約にがベスト!
ちなみにピッツアのお持ち帰りもありま~す!
まずはテイクアウトからもありでしょう

ごちそうさまでした。

-日々のつぶやき, 食らう

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.