海外ドラマ フィアー・ザ・ウォーキング・デッド

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド4 #1 何があった?

投稿日:

待ってました
アメリカから約3ヶ月強遅れで配信スタートです

現在 8話まで配信中

1話目は、本家「ウォーキング・デッド」のモーガン中心のエピソードでした~。
なので、「フィア-」の振り返りなしで、まとめ!

#1 何があった? What's your history? あらすじ

「ウォーキング・デッド8 16話」より
モーガンは、リックたちから離れ、ひとりゴミ山で暮らし始める。
ジーザス、キャロル、リックはそれぞれモーガンを訪ね、説得するが、モーガンはひとりでゴミ山から旅立つ道を選ぶ。

モーガンがひとりで旅をしていると・・

 

まとめ & 感想

ひとりで旅をはじめたモーガン

モーガンは旅の途中、クルマの中で脚をケガした男と遭遇する。
荷物の中から包帯と消毒薬を出し「助けたい。ひとりなんだろ」と聞くが、男は拒否。
モーガンはその場を立ち去った。

 

モーガンが出会った男 

モーガンはジョン・ドリーと出会う。
1年以上も人と会話したことがないと言うジョンは、人恋しい状況で、モーガンに話をしようと誘うが、ひとりで旅したいモーガン。
しかし、ジョンが何度も勧めたため、カレのトラックで仮眠を取る。

真夜中、モーガンはこっそりトラックから降りて旅立った。

 

危険な集団と遭遇

先を急ぐモーガンは、テントを発見する。
モーガンがテントを覗いた途端、頭を強打され、意識を失い倒れてしまう。

テントはワナだった。
2人組の男はモーガンの荷物を奪い、銃を向けていた。
絶体絶命のモーガンを助けたのはジョンだったが、男たちの仲間は他にもいて、ふたりは捕らわれる。

そこへSWATの装甲車がやってくる。

アルと呼ばれるオンナは、ふたりに興味があると言い、カップラーメン1箱とタバコ1箱とふたりを交換しょうと言う。
リーダーのリーランドは、渋々承諾する。

 

SWAT装甲車を所有するアル

ふたりを乗せクルマは走り出す。
モーガンは、途中でクルマを降りたいと言うが、アルは「助けた借りは返してもらう」と言う。

アルシア(アル)はジャーナリストだと言い、「何を見てきたか、何処へ向かうのか」の質問に答えてもらい、それを記録すると言う。

ジョンはインタビューを受け、ローラについて語る。
(どうやらローラを探している様子)

モーガンは、インタビューに答えたくなくて、食べ物を置き、「助けはいらない」と言い出て行こうとするが、
既に彼らはリーランドの集団に囲まれていたのだった。

 

リーランドたちとの戦い

リーランドは、アルのSWAT装甲車を奪い取ろうとする。
アル、ジョン、モーガンは、リーランドたちと闘うことに。

戦いの最中、モーガンは足を撃たれケガを追ってしまう。
彼らとの戦いに勝った3人。

 

遭遇

少し心を開いたモーガンは、アルのインタビューを受ける。
モーガンは、アレクサンドリアと王国のグループにいたことを語るが、グループから離れた理由を聞かれ黙ってしまう。
モーガンは、「仲間を失い、自分も失った」と言い、「ふたりに感謝しているが、この先はひとりで行く」と出て行く。

ひとり行くモーガンは、脚のケガで走れずウォーカーに襲われそうになる。
それを三度助けたのはジョンだった。
「ひとりではダメだ。間違っている」と言う。

モーガンはケガが治るまで、同行させてもらうことに。

装甲車で移動する3人は、道の真ん中で倒れた女性を見つける。

うずくまる女性の様子を伺うアル。
「悪い人たちが・・・」と呟きながら、その女は突然アルの首筋に凶器を当てた。
銃を向けるジョン、モーガンもこん棒を構えるが、道路の周辺から武装した仲間が次々と現れ、「武器を捨てろ!」と叫ぶ

武器を捨てた3人。

倒れていたのはアリシア。
そして武装して出て来たのは、ストランド、ルシアナ、ニックだった

 

感想

ハイ! ラストで見事クロスオーバーしたワケですね~。

「フィアー」のラスト。
ニックがダムを爆破して決壊。
ボートでマディソン、ストランド、アリシアが逃げたけど、ボートから落ちたマディソンがどこかへ町へ流れ付いた。
そこまで描かれてました。

ラストシーンと展開が違うんですけど~です

あと、最初の方でモーガンが助けようとした男が、ガッツリとウォーカーになって再登場。
モーガンは、埋葬してましたけど、あの男にだけ執着する意味、相変わらずわからない(笑)

そうそう!
「51」と書かれた旗の存在が気になりますね~。

ジョンが探すローラもこの先エピソードがあるのかな?

 

 

-海外ドラマ, フィアー・ザ・ウォーキング・デッド

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.