グッド・ドクター 海外ドラマ

グッド・ドクター1 #5 偽りの希望

投稿日:2018-05-07 更新日:

WOWOW 毎週木曜日23時~放送中

#5 偽りの希望 Point Three Percent あらすじ

アナフィラキシーショックで救急搬送された患者ウィルクスは、腹部に激痛があり、CTスキャンで膵臓に病変が見つかる。ジャレッドが生検のため病変を採取していたとき、ウィルクスは再びアナフィラキシーショックを起こしてしまう。一方ショーンは、亡くなった弟スティーヴにそっくりの少年エヴァンに遭遇する。エヴァンは転んで腕を骨折し入院していたが、ショーンはエヴァンの眼振に気付き、CTスキャンで検査をするが……。

Photo 引用 all by: IMDb

感想は、こちら  

 

まとめ

ウィルクス 66才 アナフィラキシーショックと激しい腹痛

突然息が出来なくなり倒れたウィルクスは病院搬送される。
診断は、アナフィラキシーショックと、膵臓に腫瘍。
膵臓腫瘍を診断するために生検することになる。

いつの頃からか、父と息子はふたりで心を通わす関係でなくなっていたと言う。

検査の最中に再びアナフィラキシーショックを起こしたウィルクス。
頭部MRAの結果、エキノコックスが原因ののう胞とわかる。
のう胞は、頭部以外にも数カ所あり、神経外科医のグラスマンが執刀。
手術は無事終わる。
病室で息子は父親を看病していた。

 

エヴァン 左腕骨折と骨肉腫

ショーンは骨折で病院に来たエヴァン・ギャリコを見て衝撃を受ける。
カレが弟スティーヴにそっくりだったのだ。それはグラスマンも同じだった。

エヴァンは人懐こい少年で、ショーンとの会話も楽しむ。
エヴァンは単純骨折だったが、診察で眼振があることに気づいたショーンは頭部CTを撮り、側頭骨部に腫瘍を見つける。
エヴァンの両親にそのことを告げると、両親はステージ4の骨肉腫で余命宣告を受けているが、エヴァンには告知していないため、ナイショにして欲しいと言う。

ウソをつくのが苦手なショーンは、混乱するが、グラスマンから両親の気持ちが優先。エヴァンはスティーヴではないと言われてしまう。
しかしショーンはエヴァンと話しをしているうちに、ガマンできなくなり「キミはガンだ」と告げてしまう。
しかし、エヴァンは気づいていたと言う。

ショーンはエヴァンのカルテを見直し、骨肉腫でない可能性を見つけ、メレンデスにそのことを報告する。
しかし、2回の生検で肉腫と診断された結果を覆す可能性は、0.3%しかなく、わずかな望みを両親に話して再検査するのは残酷過ぎると却下される。

ショーンはグラスマンに相談。
両親にはナイショで骨髄穿刺検査をしてみては?と言われる。
ショーンから、肉腫でない可能性を聞いたエヴァンは、両親にはナイショで検査しようと言うが、両親に見つかってしまう。
そのとき、エヴァンが激しく咳き込み、血を吐く。

肺動脈の分岐部に大きな血栓が詰まったことが原因とわかり、緊急手術が行われる。
ショーンは手術の助手をしたいとメレンデスに頼むが、メレディスは親にナイショで検査しようとした行為に対し、オペには参加させないと言われてしまう。

血栓除去術は成功する。
しかし、肋骨に転移病変が見つかり、その酷な現実は両親に伝えられた。

エヴァンは心配する両親に、ガンだと知っていた。だけど怖くない。向こうへ行けばおばさんやおばあちゃんに会えると気丈に振る舞う。

ショーンは、弟との思い出の「アラバマ物語」の本を読ませて欲しいと言い、スティーブが読み進んで挟んでいた栞のページから先を読み聞かせた。

  

感想

ショーンがエヴァンに読み聞かせるシーンは、グッときました。
エヴァンはスティーヴではない、カレは死んだとグラスマンにも言っていたけれど、それはショーン自身が自分に言い聞かせていたのかも知れません。
弟が読み切れず、栞を挟んでいた「アラバマ物語」のその先を読むことで、ショーンも心が癒やされたのかも。

-グッド・ドクター, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.