グッド・ドクター 海外ドラマ

グッド・ドクター1 #6 決断と結果

投稿日:

#6 決断と結果 No Fake あらすじ

ショーン、クレア、ジャレッドがERの深夜勤務中、結婚式の送迎バスの横転事故で、20人以上の負傷者が運び込まれる。激しく大腿骨を損傷していたマルコを担当したショーンは、足を切断するしかないと判断するが、クレアの発案で3Dプリンターを使いチタンの大腿骨を作ることに。しかし、前例がないため、マルコの両親はリスクを案じて切断を選ぶ。今回の式でマルコの妻になるはずだったソニアは、大腿骨置き換えを主張し……。

Photo 引用 all by: IMDb

感想は、こちら  

 

まとめ

ショーンが担当したマルコ

大腿骨粉砕骨折で動脈から大量出血をしていたマルコが運び込まれてくる。
担当したショーンは、動脈からの出血を止めるため、尿道カテーテルを使いリボアの代用品を作り止血する。

しかし、大腿骨が完全粉砕しているため、メレンデスは切断を決め、ショーンも同意するが、クレアの発案で3Dプリンター作成した大腿骨置換術を考えつく。
しかし、前例がないためマルコの両親は切断を希望。一方、マルコの結婚相手は、マルコの性格、カレのと出会いから、足を残せる可能性があるなら、マルコはそれを希望したはずだとし、「緊急差し止め命令」を使って、裁判することに。

結局、妻となるソニアの意見が通る。
手術は成功し、意識が戻ったマルコは、喜ぶ

クレアの挫折

担当した患者から、ジェナがまだ事故現場にいる可能性に気づいたクレアは事故現場へ行き、草むらに意識不明で倒れているジェナを発見する。
挿管(呼吸確保)したあと、脳圧亢進に気づいたクレアは、手元にあるもので工夫し脳圧を下げ搬送するが、結局はむずかしい状況の挿管だったため、上手くできておらず、低酸素脳症で脳死となってしまった。
クレアは、グラスマンからその事実を聞き、後悔の未熟さを後悔する

 

患者と向き合えないジャレッド

事故で全身熱傷を負ったセレスは、激しい痛みに苦しんでいた。
モルヒネの量を増やすことできないのに、デブリ(汚い皮膚を取り除く)処置で、これ以上の痛みに耐えて欲しいと言えないジャレッドは、彼女といることが苦しくなり、病室から足が遠のく。
クレアは、どんな状況でもそばにいて、話しを聞き励まし続けるしかないとアドバイス。
ジャレッドは、ヤケド治療について調べ、ティラピアスキンを使う治験を見つける。
しかし、外科部長アンドリュースに治験に参加する承認はすぐには下りないと言われてしまう。
ジャレッドは、治験を諦めきれず、カレの資産を多額寄付し、ティラピアスキンを手に入れ治療する

 

  

まとめ

このドラマの魅力は、特殊ケースのショーンだけに焦点を当てず、駆け出しのレジデント、クレアとジャレッドのストーリーも丁寧に描いているところだと思います。
ショーンのコミュニケーションの下手なことを快く思っていないメレンデスですけど、ショーンの医学知識に基づいた発想の自由さ、ユニークさを認めだした感じはしますね。

 

 

-グッド・ドクター, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.