グッド・ドクター 海外ドラマ

グッド・ドクター1 #12 思い出の紡ぎ方

投稿日:2018-06-25 更新日:

#12 思い出の紡ぎ方 Islands : Part Two あらすじ

ジェニーとケイティの分離手術後、ジェニーは目覚め状態も落ち着きが、ケイティは覚醒せず昏睡状態になり、脳に血流が乏しいことがわかる。

 

Photo 引用 all by: IMDb

感想は、こちら  

 

まとめ

結合双生児、ジェニーとケイティ

分離手術後。
目覚めたジェニーは、記憶も問題なく状態も安定していたが、ケイティは覚醒せず、脳の活動がないことがわかる。
それぞれが治療法を考える中、ショーンはステント留置をしてはどうかと提案。
コー医師はショーンの発想力を認め、助手に選ぶ。
しかし、予定通りには行かずケイティの危険な状況は続く

突然、ジェニーの容体が急変する。重篤な心不全に陥る。
医療チームが出した答えは、脳死状態のケイティを諦め、ケイティの心臓をジェニーに移植すること。
ジェニーとケイティの母親は苦渋の決断をする。

ケイティの人工呼吸器が外された。しかし、ケイティは自発呼吸をし、心臓も動き続けた。

これでケイティの心臓をジェニーに移植することは不可能になる。
心不全が悪化するジェニーの治療に悩む医療チーム。
ショーンは、ふたりを再び結合してはどうか?と言い出す。
しかし、ジェニーは自分の生命維持装置のようにケイティを使うのはイヤだと拒否。

その夜、クレアは別々の部屋にいるふたりを同室にしてみてはどうか?と提案。
ベッドを並べ眠るふたり。
ジェニーはケイティと共にいることで、気持ちに変化が起きて再結合することを承諾する。

ふたりの大腿動静脈の結合手術が行われた。
みるみる内にふたりの心拍は同調しはじめる。
そして、ケイティが目覚める奇跡が起こる。

検査の結果、ケイティは問題がないが、ジェニーの心不全は深刻な状態であり、このままだとケイティにも影響が出るため、再びの分離術を行う事に。
しかしケイティは分離手術を拒否する。

ジェニーの心臓が止まってしまった。
母親はケイティにジェニーが逝ってしまったことを伝え、納得させた。

ケイティは分離手術を受けることに。

 

ショーンの行動

2日無断欠勤したショーンが、サラッと戻ってくる。
メレンデスは無断欠勤を怒るが、ショーンは「次にドライブに行く時は事前に知らせます」と、シラッと答え、「病院を辞めるので推薦状を書いて欲しい」と言い出す。
グラスマンはメレンデスからショーンが転職を希望していることを知り動揺する。
クレアはグラスマンにショーンがグラスマンが怒っていると思っていること。
推薦状にグラスマンの署名をすればショーンを信じている証になるとアドバイスする。

グラスマンは署名した推薦状を渡し、行かないで欲しいと思うが、決断はショーンがすれば良いと言う。
クレアからも、ショーンがいなくなるのは淋しいと言われたショーンは、「クレアと話した」と言い推薦状を机に置き、出て行った。

リアがペンシルベニアに引っ越す日。
リアは、大切にしていた野球のサインボールをショーンに渡し「これを預けておく。会いに来て」と言い、キスをして別れた。
ショーンは、そのサインボールを大切な物の中に加えた。

ジャレッド・カルーのその後

ジャレッドは不当解雇で弁護士を立てることに。
ジャレッドの弁護士は、過去に病院が医師と穏便に和解してきた事例を提示。
ジャレッドの解雇は人種問題が絡んでいると指摘した。
ジェシカは理事長に報告。和解するよう指示される。

多額の和解金を提示されたジャレッドは、弁護士に大金を支払うので、再度復職交渉をしてくれと依頼。
復職することになるが、アンドリュースから「人種問題を利用して復職したキミを歓迎することはできない」と冷たくあしらわれてしまう。

 

メレンデスとジェシカ

子どもは要らないと言うジェシカを戸惑いながらも受け入れたメレンデスは、良い関係を続けていた。
が、突然ジェシカは、「あなたは良い父親になれる人。あなたを愛しているからこそ別れましょう」と言い出す。

 

  

感想

ショーンはリアといると楽しいと言う一途な思いからペンシルベニアに引越する気でしたね~。
ショーンは自分のいるべき場所を捜しているんじゃないかと思います。
自分が自分のままで居られる場所。居心地の良い場所を。
それは皆が求めるものであり、皆が中々捜せないものと同じなんですけどね~。

ジェシカとメレンデスの展開が、ちょっとど~なんでしょ?
ふたりが別れたら、クレアとメレンデスに変化が起きるかな?
アンドリュースに歓迎されない形で職場復帰することになったジャレッド。
今後は苦しい立場での仕事になりそうですが・・・・

 

-グッド・ドクター, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.