グッド・ドクター 海外ドラマ

グッド・ドクター1 #18 友情と思い出(最終話)

投稿日:

Photo 引用 all by: IMDb

シーズン1の最終話です。

#18 友情と思い出 More あらすじ

グラスマンとまた友だちになりたいと伝えに来たショーンに、グラスマンは衝撃告白をしてしまう
メレンデスは急性アルコール中毒、左足首複雑骨折を負った青年を担当するが・・。

感想は、こちら  

 

まとめ

グラスマンの病状

ショーンはグラスマンが大切な存在だと気づき、友だちになりたいと伝えに行くが、グラスマンから脳腫瘍(グリオーマ)で余命1年~1年半と告白されてしまう。
グラスマンは、病状を受け入れたと言うが、ショーンはセカンドオピニオンを受けるべきだと強く主張する。
グラスマンはまだ、病気のことを誰にも話していない。

ショーンは必死に治療方法を探り、DTI(的確な診断が可能な検査)を受けるべきだと勧めるが、グラスマンは否定的な態度を取る
ショーンは、ジェシカのところへ行き、グラスマンが脳腫瘍であること、ジェシカからDTI検査を受けるように勧めて欲しいと頼む。

ジェシカはグラスマンにショーンのためにカレが納得できるようDTI検査を受けて欲しいと頼む

DTI検査の結果は、脳の橋(きょう)にGBM(グリオブラストーマ)があるとわかる。
それはグリーマよりも悪性度が高く、手術して摘出不可能な場所のため、余命3~4ヶ月と告知されてしまう。

ショーンは、それでも納得できず、必死に鼻腔から腫瘍を生検する方法を提案する。
しかし、グラスマンは、もう死を受け入れた。楽しいことを考えて、やって残りの人生を過ごしたいんだと言う。

ショーンは、グラスマンとふたりでメリーゴーランドに乗りに出かける。
このメリーゴーランドはグラスマンにとって思い出の場所だった

グラスマンは、ショーンの提案を受け入れ、脳腫瘍の生検を鼻腔からやり、ローグレードのグリオーマと診断され、放射線と抗ガン剤による治療も開始することに。
ショーンは、思わずグラスマンを抱きしめた。

 

ケイデン 大学生 急性アルコール中毒、左下肢複雑骨折

左脚を複雑骨折して泥酔状態で搬送されてきたケイデンは、血中アルコール濃度が高く、脳しんとうを起こしていたため、局所麻酔下で左下肢整復手術を受けるが、術中に突然意識を失う。
パクは直感で、ケイデンのケガの原因に事件が絡んでいる察知し、付き添いの青年を尋問する。
彼曰く、クラブへ入会するための儀式で罰ゲームを受けさせられ、ケイデンは洗濯洗剤の錠剤を6~7ヶ食べ、ドラッグを使ったと言う。

ケイデンは洗剤を食べたことにより消化管に穴が開いたため、緊急で手術する。
閉腹の時、緊急呼び出しを受けたメレンデスは、自己アピールしたレズニックとショーンを見て、ショーンに主導するよう指示して出て行く。

レズニックは面白なさそうな反応

しかし術後、ケイデンの状態が悪化、原因不明のDICを引き起こす(※播種性血管内凝固症候群)
原因を探るメレンデス、クレア、ジャレッド、ショーン、レズニック。
レズニックはショーンが手術中、うわの空だった態度を指摘、ミスが原因ではないか?と言い出す。

ショーンの集中力を知っているメレンデスは、ショーンの様子の変化をグラスマンに聴きに行き、グラスマンの脳腫瘍について聞いてしまう。

ショーンは、閉腹中に大動脈を傷つけたことが原因だと言い、ステント留置を提案。
この治療を間違うと、ケイデンの命が危ういことを知っているショーンは、最後の処置は自分がすると言いだす。
メレンデスは、ショーンに気持ちを知り、責任者として一緒に処置をした。

ケイデンの状態は安定。
メレンデスは、皆の働きをねぎらい、飲みに誘う。

 

  

感想

グラスマンをハグしたショーン。
ショーンが他人とハグしたくない(できない)のを見てきたので、ジーンとくるシーンでした。

いけ好かないレズニックに、メレンデスが言った言葉は、かならずこの先、彼女が経験するだろうことだと思いますね。

シーズン1は、テンポ良く、ショーン以外の登場人物のキャラも魅力的で彼らのエピソードも見応えがありました。
ショーンが自閉症を抱えながらも自立していく姿も見応えがあったので、シーズン2も楽しみです。

 

 

-グッド・ドクター, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.