ゲーム・オブ・スローンズ 海外ドラマ

ゲーム・オブ・スローンズ 第2章 #3 鉄の決意

投稿日:2017-07-01 更新日:

第2章 王の激突

#3 鉄の決意 あらすじ

王都の運営方針をめぐりサーセイと衝突するティリオンは、小評議会の中に潜む彼女のスパイをあぶり出すため、ある策略をしかける。一方、ウィンターフェルに残されたブランは、依然、予知夢に悩まされていた。キャトリンはレンリーを訪ね、共通の敵ラニスター打倒の同盟を結ぼうと持ちかける。ロブを助けるために船を調達しようと父と姉に再会したシオンだったが、父に認めてもらうため、ある決断を下す…。


 

ザ・ウォール 壁の向こう

ジョン・スノウはクラスターに襲われてました。
野人には”男の子が生まれたら捧げる”と言うルールが存在し、それは暗黙の了解だったみたいです(モーモント総師は知っていた)

 

ウィンター・フェル

ブランはまた夢を見る。ブランは、それは予知夢だと思っている

 

ストームズ・エンドの当主:レンリー・バラシオン

レンリーはマージェリー・タイレルと結婚していた。
レンリー王とメージェリー王妃は、ロラス・タイレルとブライエーとのトーナメント戦を観戦中、キャトリン・スタークが到着する。
キャトリンは、王座を奪還を目論むレンリーに北の王:ロブとの協力を持ちかける。
試合は、優れた戦闘能力を持つ巨体のブライエーがが勝ち、王の盾を志願し認められる。実はブライエーは女性。

レンリーの妻:マージェリーはレンリーの恋人ロラスの妹。
レンリーがゲイであり、ロラスが恋人であることは、マージェリーは理解していて、男の子を産むことが1番の目的だと言う。

 

キングス・ランディングにて

ティリオンは姉のサースィー太后に弱みを握られないために、自分の連れて来たシェイをサンサの侍女にする。
また、ティリオンは、小評議会のメンバーの中にいるサースィー太后のスパイを暴くために、パイセル、ヴァリス公、ベイリッシュ公の3人にそれぞれに「ミアセラ(サースィーの娘)を嫁がせる」提案。結果、パイセルがサースィーのスパイだったことが判明。パイセルを投獄する。

 

くろがね島 グレイジョイ家

父ベイロンに全く認められなかったシオン。そもそも父:ベイロンがロバート・バラシオンとの戦いに負け、シオンをバラシオンに人質のように私ことになり、そのシオンを育てたのがエダード・スタークだったと言う経緯があるため、父親に拒否される理由もないと思うシオン。
しかし、ベイロンは、北の王ロブがラニスターと戦うために南に進軍している今こそ北の大地を自分たちが征服する作戦を話す。
シオンは、ロブと兄弟のように育ったし、エダードにも恩があるゆえ、思い悩むが、結局父親に従うことに決めたようだ。
あ~ぁ、シオンはロブを裏切ることになるんだなぁ

 

ザ・ウォールへ向かうヨーレン一行

ヨーレンは、シティウォッチがジェンドリーとアリアを探しに来ても、ふたりで逃げろと言う。
そして、ヨーレンはシティウォッチと戦って亡くなる。
シティウォッチが、ジェンドリーを出せ!と言う中、アリアはカレは死んだとウソの情報を伝える


 

<感想>

シオンが、ロブを裏切る道を選んだと言うよりもひどい、不在の北の地を強奪する作戦を遂行するようです
残念な結果だけど、仕方ないことかな。
でもロブが可哀想だし、グレイジョイを信じるなと言ってたキャトリンの思うツボになったことが残念。

ヨーレン、わりと好きだったのに、また簡単に死んじゃいました。
ナイツウォッチになるために北へ向かってた一行は、ヨーレンを亡くしてしまい、これからどうなるのかな?
アリアは無事にウィンターフェルに帰れるんでしょうか?
ロバート王の血を継ぐジェンドリーのことも気になります

 

-ゲーム・オブ・スローンズ, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.