ゲーム・オブ・スローンズ 海外ドラマ

ゲーム・オブ・スローンズ 第2章 #6 古今の神々

投稿日:2017-07-03 更新日:

第2章 王の激突

#6 古今の神々

ロブがタリサに惹かれ始めた矢先、シオンがウィンターフェル城を急襲したとの知らせが。
ハレンホールには思いがけない客がタイウィンを訪れ、アリアを動揺させる。
王都ではジョフリーへの不満が爆発した民衆が暴動を起こし、壁の北側ではジョン・スノウが野人の女を捕らえる。
一方、海の向こうでは、クァースの富豪を名乗る商人が結婚と引き換えに船を調達してやるとデナーリスに持ちかける。


 

シーズン2もここから後半戦。早いなぁ~。あっ!という間に全部見てしまうな、これは。

ウィンターフェル

シオンがウィンターフェルの城を占拠してしまいました。
ブランはもちろんのこと、ルーウィン学匠、ロドリックもシオンがエダード・スタークに可愛がってもらい、ロブと兄弟のように育ったことを知っているがゆえ、シオンの暴挙を許せません。
シオンは結局ロドリックの首を切り落としてしまいました。
ブランの見る夢は、予知夢のようです。
その夜、オシャはシオンを誘惑し、見返りに自由を与えてくれて言い、認められます。その後、オシャはブランとホーダー、リコンとふたりのダイヤウルフ2匹と共に城を抜け出しました。
どうなるんでしょう?

 

北の王:ロブとその軍

ロブはタリサと再会。彼女のことが気になるようですが、そう簡単にタリサと結婚できるワケはありません。
ロブは双子城のフレイ家の娘と婚約するのと引き換えに、橋を渡らせてもらい、一部の軍まで借りているんですもんね。

ロブ軍の陣地にキャトリンがブライエーを連れて戻って来ました。そこへ使いカラスが「シオンがウィンターフェルを占拠し、ロドリックを殺害した」との情報が。弟と領地が心配なロブは今すぐにでも戻ろうとしましたが、家臣のボルトンが、ロブの代わりに自分の私生児であるラムジー・スノウをウィンターフィルに送って対処させると言いました。
また新しい人物が登場かな?

 

キングス・ランディング

ミアセラを嫁がせたサースィー太后。愛する子どもと離れ離れにさせられたこの恨みを忘れはしないとティリオンを脅しました。
サースィーってマジ自分勝手。ミアセラは、ドーンに嫁がせたようです。
その後、王族の彼らが城へ戻ろう町の中を移動している時、王族に反発心を持つ民衆が暴動を起こしました。
ジョフリーは王都のことなど全く考えておらず、サンサが行方不明になっても探そうともしない。
叔父のジェイミーのことさえどうでも良いのか、王としての資質ゼロ。
もう王都もヤバい状況ですね

 

ハーレンホール

タイウィン公の給仕を続けるアリアの元にストームズ・エンドから直接ベイリッシュ公が訪問。
レンリー王が殺害されたこと、タイレル家は財力があるため味方につけてはどうかと提案。
その時、ベイリッシュ公に見つかってはまずいアリアは必死で隠す。どうやらアリアだと言う確信までは得られなかった様子。

 

クァース:デナーリス

王位奪還のためにウェスタロ大陸へ渡る方法を模索するデナーリス。
13人もの富豪にオファーするが、どの富豪も商人のため得にならぬことには手を物も貸さない主義のようです。
デナーリスが交渉に失敗し、与えられた家に戻ると、部下のドスラク人たちや侍女たちが全員殺害され、ドラゴン3匹とも籠の中にいなかった。
えらいこっちゃ!のデナーリスです。

 

壁の向こう

レンジャーのリーダーは、ハーフハンドのクォリン。
途中で出会った野人たちを殺害したが、ひとりが女だったため、ジョンはすぐに殺すことができず。
クォリン自身の手で殺害しようとして、ジョンは自分でやると言う。
しかしやっぱり優しいジョンは野人のイグレットを殺すことができず、逃げられたのを追いかけているうちに仲間と完全に離れてしまう。

-ゲーム・オブ・スローンズ, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.