ゲーム・オブ・スローンズ 海外ドラマ

ゲーム・オブ・スローンズ 第3章 #1 新たな時代

投稿日:2017-07-08 更新日:

第3章 戦乱の嵐 前編

 #1 新たな時代 あらすじ

スタニスの襲撃を迎え撃った報酬としてティリオンは、父タイウィンにキャスタリー・ロックの城主の座を要求するが冷たくあしらわれる。
壁の向こうでホワイト・ウォーカーに襲われたナイツウォッチの遠征隊は、危険を知らせるため壁に戻る。
一方ジョン・スノウは、野人の長にホワイト・ウォーカーと戦いたいと話し仲間に入る。
その頃、軍隊を築くため奴隷市場のある街に赴いたデナーリスは何者かに襲われ…。


 

まさしく新しいスタートが始まった感。
すっかり、王都はラニスター家のものになってます

スタートは、壁の向こうから

壁のむこう

ホワイトウォーカーの大軍が去ったあと、サムは仲間(ナイツウォッチ)の元に帰ろうとして、さっきまで一緒だった仲間の惨殺な死体を見た直後、ホワイトウォーカーに襲われかけたのを助けたのはダイヤウルフ。ジョン・スノウのゴーストくん。
ナイツウォッチの長:モーモントに助けられる
モーモント総師は、ナイツウォッチたち向かい、「早急に壁まで戻り、南の民にこのことを知らせる」と言う

一方、野人に連れられ、マンス・レイダーが築き上げた巨大キャンプ地へ辿り着いたジョン・スノウ。
ジョンはマンス・レイダーと対面し、マンス・レイダーからナイツウォッチを放棄し、野人たちの仲間になる理由を問いただす。
ジョン・スノウはクラスターの集落であった出来事について話し、自分の敵は「ホワイトウォーカー」だと話す。
ジョンは彼らに仲間入りすることに

 

キングス・ランディングにて

王都はラニスター家に牛耳られ、新たなスタートを切っていた。
ティリオンは、王都のために戦い負傷した息子を見舞わない父タイウィン公に会いに行き、自分の功績に見合った「キャスタリー・ロック城」を欲しいと要求。しかし、タイウィン公からは、「母親殺しの息子」と呼ばれ、自分の命令に背き娼婦を王都に娼婦を連れて行っていたことなどあげつらい、ティリオンの要求は全て却下する。

ティリオン、まさに四面楚歌状態!

一方、ジョフリー王と結婚したマージェリーは、頭が良く、また機転が利くようで、サンサのようにジョフリーとサースィー太后の思い通りにならない様子。その上、マージェリーの出家のタイレルは資金が潤沢であるゆえ、これからが面白くなりそう。
ジョフリーはマージェリーに太刀打ちできないなって感じ(笑)

 

ドラゴン・ストーン城にて

スタニスに忠誠を誓い、王都奪還の暁には、王の手を任命するとまで言われたらダヴォスは生きていた。
やっとの思いでスタニスの元に戻り対面するが、スタニスはすっかりメリサンドルに飼い慣らされており、スタニスとメリサンドルに刃向かうものは全て火あぶりに刑に処されていると言う
ダヴォスは目を覚ましてくれと言うが、スタニスは耳を貸さず、メリサンドルの挑発に怒り剣を抜こうとしたダヴォスを投獄する

 

デナーリス

船を手に入れ、兵士力を集めるために「アスタポア」の町へ到着する。
8千の兵力を買うかどうかを明日までに答えよと言われ、思案しながら市場を歩いているデナーリスに可愛い女の子が遊んで欲しそうに近寄ったり、離れたりする。興味を惹かれたデナーリスは少女が転がしてきた玉を拾った瞬間、フードを被った怪しげな男に、その玉を払われると、その玉からサソリが出て来て、デナーリスに噛みつこうとするところを、フードを被った男が助けた。
その男は、バリスタン・セルミー、元ロバート・バラシアン王の盾だった。
セルミーは、デナーリス女王の盾として守り通すと忠誠を誓った。
ドラゴンは、順調に成長中。

 

ロブ率いる軍

ハーレンホールへ着いたロブ・スタークたちが見たのは、ラニスター軍は既に去ったあと。北部の兵士200人の死体が放置されていた。

-ゲーム・オブ・スローンズ, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.