ゲーム・オブ・スローンズ 海外ドラマ

ゲーム・オブ・スローンズ 第3章 #7 女剣士と熊

投稿日:2017-07-17 更新日:

第3章 戦乱の嵐 前編

#7 女剣士と熊 あらすじ

サンサとの結婚が決まったティリオンは、シェイの気持ちを察し胸を痛める。
ジョフリーはタイウィンの独断の采配に意見するが取り合われない。
ジェンドリーを連れ王都に到着したメリサンドルは、彼に実の父親は故ロバート王だと告げる。
リヴァーラン城を目指すアリアはあと少しのところでハウンドに見つかってしまう。
ブライエニーを残して出発したジェイミーが、責任を感じてハレンホールに引き返すと…。


 

旗印なき兄弟団とアリア

アリアはジェンドリーを金のために売ったとベリックに対し怒る。そんな時、偵察隊がラニスター軍が近くに来ていると報告、兄弟団は1度南に下り、ラニスター軍を倒すことになる。リヴァーランに急ぎたいアリアはキャンプ地を飛び出す。
その後アリアはハウンドに捕まってしまう。

ジェンドリーはメリサンドルと共に船で王都へと乗り込む。
そしてジェンドリーの父親がロバート・バラシオンである事実を話す

 

ボルトン家:ハーレンホールで

ジェイミーが王都へ移送される日。ボルトン公はジェイミーに「スタークの娘たちを必ずウィンターフェルへ戻せ」と約束させる。
ブライエニーは逃亡ほう助の罪でハーレンホールに留まることに。
移送の途中、ジェイミーの切られた腕の様子を見てくれた学匠を剥奪された男は、ブライエニーはロックたちに拷問されるだろうと話す。
それを聞いたジェイミーは兵士を脅し、ハーレンホールへ引き返すよう指示。
ハーレンホールではブライエニーは木刀1本で熊を戦わされる見世物になっていた。
それを助けたジェイミー。ブライエニーと共に王都へ向かうことに

 

キングス・ランディング

ジョフリーは、王の手の祖父であるタイウィン公に不満を訴えるが全く相手にされない
タイウィン公の発言は絶対のため、ティリオンはサンサと結婚することに。シェイに王都に家を用意し不自由はさせないと伝える

 

ロブ軍

エドミュア・タリーと共にフレイ家が合流するのを待っているが、フレイ軍はやってこない。
タリサに赤ちゃんが出来た

 

シオン

貼り付け刑から女性ふたりに助け出され、シオンを誘惑しだす女性ふたり。
その時、またあの男が入って来て「おまえの女好きは有名だ」と言いながら、シオンのイツモツを切る拷問を与える

※ シオンの件だけは、誰がなんの目的でやっているのだろうか?と気になります

 

デナーリスたち

8千もの兵士を従え、次の標的地であるユンカイに到着。デナーリスは奴隷商人と交渉をはじめる
ユンカイの代表者:ラズダル・モ・エラズは、ユンカイの人間は太っ腹だと言い、好きなだけ船を与える代わりに条件としてユンカイには一切関わらずウェスタロ大陸へ渡ってくれと言う。
それに対してデナーリスは、戦いはお互い避けたい。戦わない条件として20万いろ奴隷を全員解放せよと迫り交渉は決裂する。

 

壁のむこう マンス・レイダーたち

とうとう野人集団が壁を越えた。彼らは黒の城に向かって移動をはじめる
狼潜り(ヴォーグ)を特技とするオレル(#6でジョンとイグリットを見殺しにしようとした)が、イグリットにジョンは信用できないし、男としてオレの方が上だと好意を伝える

黒の城へ向かう時に風車を見て感動するイグリット。自分たちの勝利を信じるイグリットに現実はそんなものではないと話すジョン。

 

ブロン、リコン、オシャ、ホーダーと・・・

協力的でないジョジェンに対し、オシャは怒りを顕わにする。
ジョジェンとブロンの予知夢により、黒の城にはジョンはいないから向かう意味がないと言うふたりに対し、オシャはルーウィン学匠の遺言なので必ず行き、ブロンとリコンの家族であるジョンに会わせると言いきり、北の壁の向こうに住んでいた野人だった頃、夫がホワイトウォーカーへと変貌したと思われる体験談を話す。

 

-ゲーム・オブ・スローンズ, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.