ゲーム・オブ・スローンズ 海外ドラマ

ゲーム・オブ・スローンズ 第4章 #3 奴隷解放者

投稿日:2017-07-24 更新日:

第4章 戦乱の嵐 後編

#3 奴隷解放者 あらすじ

混乱に紛れて王都から連れ出されたサンサは船でキングス・ランディングを脱出したが・・・。
ジョフリーの死はスタニスにも伝わるが、玉座を奪う好機だというのに軍が足りないと憤慨する。
ジョンはマンス・レイダーら大軍の襲撃が近いことを悟り士気を高める。
一方、ミーリーンに到着したデナーリスは奴隷たちに向け、アスタポアとユンカイの奴隷たちが自由の身になり自分についてきていることを訴え、選択を迫る。


 

キングス・ランディング

ジョフリーは亡くなった。
タイウィン公は、弟のトメンにもう王であるためのレクチャーをはじめる。それを目の当たりにし、サースィーは悲しみと怒りに震え、ティリオンが息子を殺したのだから裁判などせず、今すぐ殺してくれ!とジェイミーに頼む。

サンサは、ジョフリーの暗殺騒動のさなか、ある男に連れられ、王都からボートで脱出、暗闇の中停泊している大帆船に到着。
その帆船にいたのはベイリッシュ公。
ジョフリー暗殺計画をし、サンサを助け出したのはベイリッシュ公の計画だった。

ティリオンの裁判の裁判官には、タイウィン公、メイス・タイレルが決まっており、タイウィン公は、オベリン・マーテルにも裁判官になってくれるよう頼む。

ティリオンの家臣だったポドリックは、タイウィン公から、ティリオンの望む裁判官をひとり聞くように言われたと言う。
ティリオンはサンサを指名したが、サンサが暗殺事件後、キングス・ランディングから姿を消したと伝えた。
ティリオンは兄のジェイミーを指名。
ポドリックは男が接触してきて、ティリオンが暗殺を仕掛けたと言う証拠を証言せよと脅されたと言う。
ポドリックはそれを断ったが、ティリオンはポドリックの身の危険を感じ、王都からすぐに離れろ!と命令する。

 

黒の城

サムはジルと赤ちゃんを少しでも安全な場所へ移動させたいと考え、モウルズ・タウンへ移動させる

壁を越えた野人たちは村を襲い、子どもに「野人が村を襲った」と黒の城のナイツウォッチに知らせるように言う。
その知らせを聞いたナイツウォッチたちは、対処方法を相談し、「壁を守ること」を決めたが、その時にレジャーが数人帰還。
現状を聞いたジョン・スノウは、マンス・レイダーの大軍が襲撃してくると言う

 

デナーリスたち

ミーリーンに着いたデナーリスたち。早速ミーリーン流の歓迎で、一騎打ちを仕掛けられるが、ダーリオが勝利。
そしてデナーリスは、ミーリーンの奴隷たちに向かって演説し、ミーリーンで奴隷になっているものたちの心を掴む

 

ドラゴン・ストーン城

スタニスの元にもジョフリー王の死の知らせがくる。
スタニスは、ダヴォスに対し、今こそ、自分が王継の正当な権利を主張する時なのに、兵力が足りないこと、ジェンドリーを逃がしことに対し苛立つ。
ダヴォスは、スタニスの娘シリーンと話しをしている時に、良い手を思いつき、ブレーヴォスの鉄の銀行に手紙を送ることに。

 

アリアとハウンド → 高巣(アイリー)城へ向かっている

-ゲーム・オブ・スローンズ, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.