ゲーム・オブ・スローンズ 海外ドラマ

ゲーム・オブ・スローンズ 第5章 #3 雀聖下(ハイ・スパロー)

投稿日:2017-08-01 更新日:

第5章 竜との舞踏

#3 雀聖下(ハイ・スパロー)あらすじ

王都ではトメンとマージェリーの婚姻の儀が執り行われる。
一方、ルース・ボルトンは北部の同盟を強固なものにするため、息子ラムジーとある娘の婚姻を画策する。
ベイリッシュの娼婦の館で遊んでいた総司祭を“雀”が捕らえ辱めを与えた。総司祭は、サースィーに雀のトップを処刑してくれと訴える。
サーセィーは、貧民街の“雀”の指導者ハイ・スパローに会いに行き、総司祭の後任にの話しをする。


 

キングス・ランディング

トメン王とマージェリー王妃の婚儀が行われた。マージェリーは民衆にとても愛されていることをサースィーは改めて知る。
マージェリーはサースィーが目障りのため、トメンを使って追い払おうとするが、サーセィーは譲る気配なし。

ある日、総司祭がベイリッシュの娼婦の館で遊んでいるところを、「雀」と名乗る宗教集団の者が捕らえ、城町をハダカせ歩かせ辱めを与えた。総司祭は、雀の行為を批判し、雀のリーダーを処刑するべきだと訴えるが、サースィーは総司祭を投獄。
貧民街に住む「ハイ・スパロー」に会いに行き、総司祭の後釜の話しをほのめかす。

 

黒の城

スタニスは、ジョンをスタークにし、北の領地を支配しないかと持ちかけ、ボルトンとの戦いに参戦するよう言うが、ジョンはナイツウォッチの誓いを立てているため、それはできないと言う。

総師となったジョンは、アリサー・ソーン(ジョンと総師を争った男)をレンジャー隊長に任命。
ジャノス公(野人との戦いの時、隠れていた男)を灰色の盾を指揮しろと命令するも、ジャノスはジョンに反抗し悪態をつく。
ジョンはジャノスを処刑すると言い、最後の最後に慈悲を求めたジャノスの首を斬り落とした。

 

ウィンターフェルで

ベイリッシュ公はサンサに、ウィンターフェルへ行きラムジー・ボルトンと結婚するよう説得する。
母と兄を殺したボルトン家に嫁ぐなど絶対できないと泣き叫ぶサンサだったが、ベイリッシュは「復讐するには必要なことだ」と説得、サンサは腹を決める。

ウィンターフェルは、ボルトンの拠点として再建中。
シオンはサンサを見つけ、隠れた

 

ブライエニーとポドリック

要塞ケイリンを通るのを確認したブライエニーは、彼らの行き先はわかったと言い、遠回りすることに。
ブライエニーがナゼレンリーの王の盾となったかのいきさつ、ポドリックとティリオンとのいきさつをお互い語り合い、ブライエニーはポドリックを騎士にすべく剣術と乗馬を教えることになった。

 

白と黒の館で

アリアは掃除ばかりする日々に不満を募らせ、ジャクェンに弟子にして欲しいと訴えるがジャクェンは、自分を捨ててこそ始まると伝える。
アリアは、アリア・スタークである全てのものを海に捨てる。しかし、ニードル(剣)だけは捨てられず、岩場に隠す。
アリアは「顔のない者」になるための修行をはじめる

 

ヴォランティスの街で

ミーリーンへ向かっているヴァリスとティリオンだったが、長旅に嫌気が差したティリオンは反対するヴァリスを無視してヴォランティスの街を歩き回る。
娼館にやってきたティリオン。そこにはデナーリスに追放されたジョラーもいた。
ジョラーは「女王のためのプレゼントだ」と言いながらティリオンを拉致、誘拐した。

 

 

-ゲーム・オブ・スローンズ, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.