ゲーム・オブ・スローンズ 海外ドラマ

ゲーム・オブ・スローンズ 第7章 #3 女王の正義

投稿日:2017-09-10 更新日:

<感想>

サーセィーってホントむかつく女~。
ミアセラ(娘)を殺された恨みがあるのはわかるけど、全くもって彼女に共感できません。
ジェイミーはまだサーセィーを好きなのかなぁ?まぁ身内だもんね・・・。

今回、”損して得取れ” のように、キャスタリー・ロックを放棄し、タイレル家を油断させて、壊滅させる作戦を取りましたね~。
これで、タイレル家のお金は全てラニスター家のもの。ブレーヴォスの借金をすべて返すつもりなのでしょう。

ジョンはドラゴングラスの発掘を許されました。
無事見つかると良いけれど。

 

第7章 氷と炎の歌

#3 女王の正義 あらすじ

ドラゴンストーンに上陸したジョンとダヴォスは、頭上を飛ぶ3頭のドラゴンに圧倒されつつデナーリスに謁見する。
王都では、ユーロンが奇襲し捕らえたヤーラ、エラリアとその娘タイエニーを連行しサーセイに差し出す。
ウィンターフェルでは、サンサのもとにある人物が訪れる。
グレイ・ワーム率いる穢れなき軍団がキャスタリーロック陥落に成功した頃、ジェイミー率いるラニスター軍はオレナのいるハイガーデンを攻め落とす。


 

ドラゴンストーン城

ジョン・スノウとダヴォスはドラゴンストーン城に到着。武器と船を預けるように促され従う。
デナーリスと謁見のため城壁を歩いていると、ドラゴンたちがが吠えながらジョンたちの上空を通過。その光景に怯み驚くジョンとダヴォス。

メリサンドルは彼らと会うことを避けるためその様子を離れた丘から見ていた(理由はこちらに)
メリサンドルはこの後ヴァリスにヴォランティスへ向かうと話した時、ヴァリスは海に浮かぶ帆船を見て慌てる?

デナーリスは、過去の経緯(スターク家がターガリエン家に忠誠を誓った過去)を持ち出し、「私に跪くために来たのか?」と問うが、ジョンは「違う。助け合うために来た」と言い、「北の敵を倒さなければ、皆が死ぬ。私は敵ではなく、敵は死の軍団、ホワイト・ウォーカー、夜の王だ」と説明するが、デナーリスは信じる態度は示さず、ティリオンも王都の姉(サーセィー)との戦いを前に、そんな話しに協力できる状況でないと拒否する。
その時、ヴァリスがデナーリスに何かを耳打ちする。

ヴァリスはデナーリスに、鉄諸島の兵士とドーンの兵士が海で襲われエラリア、ヤーラ、シオン3人の消息が不明だと伝えた。

ジョンはもはや軟禁状態。そのジョンに対し、ティリオンが話しかける。
ティリオンは、モーモントもジョンも誠実な男だったと言い、そのふたりが見たのなら、ホワイト・ウォーカーの存在を信じようと言い、何か協力できないか?と言う。
ジョンは、ドラゴングラスの発掘をさせて欲しいと話す。

ティリオンは、ジョンの要望をデナーリスに伝えてくれて、ドラゴングラスの発掘を許される。

 

キングス・ランディング

ユーロン・グレイジョイは、ヤーラ、エラリア、エラリアの娘:タイエニーを捕虜とし王都に戻っていた。
ユーロンは、彼女たちを縄で縛り、馬で引き回しながら赤の王城(レッド・キープ城)へと向い、王座の間でサーセィーと謁見。
「例の贈り物だ」と彼女たちを引き渡す。
サーセィーはユーロンに対し「王室の真の友」だと賛辞を述べたが、ユーロンはそんな褒美では足らないと言い放ったため、サーセィーは「戦いに勝てば、望むものを与える」と約束し、家臣たちに向かい「ユーロン・グレイジョイは海軍、ジェイミー・ラニスターを陸軍を任せる」と宣言する。

その後、地下牢。
エラリアとタイエニーが拘束されている。
サーセィーは、娘ミアセラの復讐をするために考えたと言いながら、タイエニーにキスをした。それは、ミアセラが殺されたのと同じ方法の毒殺だった。サーセィーの復讐に恐怖と怒りで震えるエラリアに向かい、サーセィーは、「娘の苦しんで死ぬ姿をただ見ているだけの苦痛を味わうと言い」と言い地下牢を後にする。

 

キャスタリー・ロックで

穢れなき軍団(アンサリード)は、キャスタリー・ロックを落城させる計画で侵攻する。
落城は不可能と言われる堅牢な城だが、ティリオンは、自身が整備した下水道こそが弱点と言い、グレイ・ワーム率いるアンサリードは、下水道から攻め込んだ。
ラニスターの兵士を倒しながら、グレイ・ワームは余りにも少ないラニスターの兵士の数に驚く。
その理由を瀕死のラニスター兵士に問うグレイ・ワーム。と、その時、アンサリードの船をユーロン率いる王都の海軍が燃やしていた。

 

ジェイミーが率いる陸軍→ ハイガーデンに侵攻

キャスタリー・ロックの残りの兵士を率いていたのは、ジェイミーだった。
ジェイミーは、ブロン、ランディル(サムの父親)、ディコン(弟)と共に南のハイガーデンに侵攻していた。
タイレルの兵士を壊滅状態にしたジェイミーは、オレナ・タイレルの元へ。
オレナは、キャスタリー・ロックがターガリエン家に陥落させられたのではないか?と問うと
ジェイミーは「あの城は、もうさほど重要じゃない。貯蔵庫は空だし、ユーロン率いる海軍がヤツらの船を全て焼き払った。城を捨てて移動するしかなくなるだろう」と答えた。

ジェイミーはオレナの最期に慈悲を与えようと、ワインに毒を入れた。
オレナは、それを飲み干すとジョフリー王を毒殺したのは自分だと事実を告白した。

ウィンターフェル

ジョンが不在の城はサンサが仕切っていた。
ベイリッシュは、サンサのそばにいて、味方ような態度を取りつつ、サンサの不安を煽るようなことも言う。
そんな中、城にブランが戻って来た。ミーラも一緒に。

ウイアウッドの木の前で話しをするサンサとブラン。
サンサはブランが正式な後継者だと言うが、ブランは「ボクは三ツ目の鴉だから後継者にはなれない」と言う。

オールドタウン、知識の城(シタデル)

サムはジョラー・モーモントのために灰鱗病の治療本を見つけ出し勝手に治療を施した。
その効果があり、感染の広がりを止めることができた。
ジョラーは、知識の城の病院を退所し、デナーリスの元へ行くと言う。

 

 

 

-ゲーム・オブ・スローンズ, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.