ゲーム・オブ・スローンズ 海外ドラマ

ゲーム・オブ・スローンズ 第7章 #5 東の物見城(イースト・ウォッチ)

投稿日:

<感想>

ジェンドリーがいつか再登場するのだろうと思っていたけれど、このタイミングとは。
一緒に壁の向こうへ行くことになったけれど、ジョンたちはドラゴングラス、持ってるのよね???
ホワイト・ウォーカーをひとり生け捕りにすると言う計画、なんかすごいな(笑)

策士のベイリッシュの動きが気になります。
しかし、まさかのサーセィー妊娠!!もうびっくりするわ~。

トアマンドがブライエニーのことを気にするエピソード、製作サイドの遊び心を感じました

 

第7章 氷と炎の歌

#5 東の物見城(イースト・ウォッチ)あらすじ

奇襲に成功したデナーリスは生き残ったラニスター兵たちにある選択を迫る。
三つ目の鴉となったブランは死の軍団が壁に向かっていることを確認し、直ちにジョンとシタデルに使い鴉を送る。
ウィンターフェルでは、アリアがベイリッシュへの警戒心を強くする。
北に迫る脅威をサーセイに認識させるため、ティリオンは王都に潜入しジェイミーに会う。同行したダヴォスは町の鍛冶屋である人物を見つけドラゴンストーンに連れ帰る。


 

デナーリス、ドスラク人、ドラゴンと戦ったあと

デナーリスにとどめを刺そうと、馬で突進したジェイミーは、ドラゴンの「ドラカリス(吹き出す炎)」で焼き殺される寸前、ブロンに助けられた。あまりにもすごいドラゴンの威力を見せられ、王都の危機を知らせるため王都へ戻ることに。

ティリオンは、焼死体だらけの戦場あとを歩き、その凄まじさに言葉を失う。
生き残り、捕らえられたラニスター軍の兵士たちの前に立ち、デナーリスは「跪き忠誠を誓うか、否か」と決断を迫る。
ランディル・ターリー(サムの父)は、「私の女王はサーセィーだ」と拒否。息子のディコンも拒否。
ティリオンは処刑を回避するためデナーリスにいくつか助言するも、デナーリスは意見を聞かず、兵士たちの前でターリー父子はドラゴンの吐く炎(ドラカリス)で処刑され、それを見たすべての兵士がひざまずいた。

 

ウィンターフェル

ブランは三ツ目鴉となって偵察。壁の向こうで夜の王が率いる大勢の死の軍団が、東の物見城に向かって行進するのを見る。
ブランは、「使い鴉を!」とウォルカン学匠に伝える。

一方、北の領主たちは、ジョンの不在についての不平・不満をサンサに訴えていた。
アリアは、サンサがジョンへの侮辱を黙って聞いていることについて非難し、「ジョンが戻らなければ、自分が女王になる気ね」と痛いところを突いた。

怪しい動きをするベイリッシュを見張るアリア。
ルゥーイン学匠から何らかの手紙を手に入れたのを見たアリアは、ベイリッシュの部屋に忍び込み手紙を探し出した。
そのアリアを物陰から見ていたのは、ベイリッシュ。

 

ドラゴン・ストーン城で

ドラゴンの背に乗りドラゴンストーンへ戻ったデナーリス。
崖に立つジョン・スノウの前にドラゴンは降り立つ。しかしジョンは怯まず、ドラゴンもジョンに興味を示した。
ジョンは手袋をはずし、そっとドラゴンの顔を撫でるとドラゴンは大人しく撫でられた。その様子にデナーリスもジョン自身も驚く。
そこへドスラク人の部下に連れられジョラーが現れる。
灰鱗病が治ったことを知り、喜ぶデナーリス。ジョラーは再び仕えたいと申し出、受け入れられる。
ジョンは、黒の城でジョラーの父上に仕えたと話す。

ブランからジョンに手紙が届けられた。
その手紙で、アリアとブランが生きていたこと、東の物見城が危険であることを知り、帰る必要があると言うジョン。
デナーリスは「私たちの援護が必要だったのでは?」と問うが、「ジョンは今、戦えるものだけで食い止めるしかない」と焦り出す。
デナーリスは、援軍できない理由として、「私が北へ行けば、サーセィーの思うツボ。侵略される可能性がある」と言ったため、ティリオンは、「サーセィーは死の軍団をおとぎ話だと思っている。信じさせてはどうか?」と提案。
ホワイト・ウォーカーを一人捕獲し、サーセィーに謁見させる案があがる。
この案が王都で実現するよう、ティリオンがジェイミーと交渉することに。
ホワイト・ウォーカーを見つからぬようにレッド・キープ城まで連れて行く大役をダヴォスが請け負い、死人の確保をジョラーがすることに。
ジョンは、壁の向こうへ自分も進軍するとジョラーに言うが、それを聞いたダヴォスは「北の王として行くべきではない」と忠告。
しかし、ジョンは「野人たちの協力を得るため、そしてホワイト・ウォーカーと戦ったことがある経験者として行くのだ」と答え、東の物見城へ向かうことに決まる。

 

キングス・ランディングで

王都へ戻ったジェイミーは、デナーリスとドラゴンの破壊力について話し、この戦いは勝てないと意見するが、サーセィーは「借金返済も済み、鉄の銀行から今後の協力も取り付けているので問題ない」と言い張り、「和平を請うのか?ティリオンにでも仲裁してもらうのか?」と言い出す。
ジェイミーは、オレナ・タイレルが告白した事実(ジョフリーを毒殺したこと)を伝えた。


キングス・ランディングに忍び込んだダヴォスとティリオン

ダヴォスはティリオンを乗せ、小舟で王都に到着。
ブロンに仲介を頼み、ティリオンは洞窟でジェイミーと再会する。
ティリオンは、ジェイミーに「デナーリスには勝てない。そのことはわかるだろう。休戦にするには跪くよりも大事な要求はある」と伝える。

一方、ダヴォスは蚤の市へ出かけ、ジェンドリーを探し出す。
父ロバート・バラシオンを殺したラニスター軍の武器を作っている屈辱の日々は、この日のためだったと言い、ダヴォスと共にドラゴン・ストーン城へ行くことを承知する。

ドラゴン・ストーン城へついたジェンドリーは、ジョンに会う。
ダヴォスが素性は隠しておけ言う忠告を無視し、ロバート・バラシアンの落とし子だと挨拶。
父親同士の友情がを知っているふたりは打ち解け、ジェンドリーはジョンのために壁の向こうへ行くと申し出る。

ジェイミーはティリオンと会い、話しをしたことをサーセィーに伝える。
そして、「デナーリスが会いたいと言っている。休戦したいそうだ。死の軍団が七王国に迫っているらしい。その証拠があるらしい」と伝える。
サーセィーは、ジェイミーはティリオンに会うと知っていたらしい。そして「ドラゴンの女王と和解する方が我々のためではないかと考えている」と心変わりを見せた。
そして妊娠を伝える。ジェイミーとの子らしい。

 

東の物見城(イースト・ウォッチ)

ジョンは、ダヴォス、ジェンドリー、ジョラーと数人の部下を連れ、トアマンドが守るイースト・ウォッチに着く。
トアマンドは、壁の向こうへ行くと志願しているものがいると牢屋へジョンを連れて行く。
そこに居たのは、ハウンド(サンダー・クレゲイン)、ベリック、ソロスの3人だった。
ベリックは、「同じ理由で大いなる目的のために壁の向こうへ行こうとしているのだ」と言う。
ジョンは、3人も加えて猛吹雪の中、壁の向こうへ踏み出す

 

オールドタウン、知識の城(シタデル)

上級学匠の手伝いをしていたサムは偶然、学匠会議の話しを聞いてしまう。
それは、ウィンターフェルのブランから届いた”壁の向こうで死者の行進を見た”と言う手紙についてだった。
しかし、学匠たちは「この情報は眉唾だ」と信じようとしなかったため、サムは勇気を出して意見する。
「ブランには特別の力があり、その話しは信頼できる」と。
それでも、学匠たちは信じようとしないので、サムは、「ボクもホワイト・ウォーカーを見た」と言う。
しかし、学匠たちが行動しようとしなかった。
その夜、サムは、死者の軍団が迫る現実に、居ても立っても居られなくなり、いくつかの文献と共に、ジルと息子サムと共にシタデルを後にするのだった。

サムは、デナーリスとドラゴンに父と弟が殺されたことを知らないまま。

-ゲーム・オブ・スローンズ, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.