ゲーム・オブ・スローンズ 海外ドラマ

ゲーム・オブ・スローンズ 第7章 #6 壁の向こう

投稿日:

<感想>

デナーリスとジョンって、血のつながりがあるんですよね。
そのせいもあるのかな?ふたりは深いところで繋がっているものを感じているようです。
だからこそ、ティリオンに反対されても、ひとりでドラゴンと共に加勢したのでしょう。

しかし、夜の王の槍のパワーはハンパなかったです。一撃で大出血して死にましたモン。
クァイバーン発明の”サソリ”でもケガ程度だったことを考えると、夜の王の放った槍は相当の威力のよう。
そして、予想通りゾンビドラゴンに変身してしまいました~。

ベイリッシュの企みのせいで、姉妹仲は悪化の一途。
ベイリッシュの目的は、サンサと結婚して北の王となり、谷間の騎士も含めて大勢力で王都を奪還することなのかな?
だとしたら、知ってるんでしょうか?夜の王率いるホワイト・ウォーカーたちの人数を、ドラゴンを率いているデナーリスのことを。
もう彼らの世界は、そんな小っさいことに小細工してる時は過ぎてるんですけどねぇ~。

 

第7章 氷と炎の歌

#6 壁の向こう あらすじ

死者を1人捕獲するため“壁”を越えたジョンたちは、薄氷の上で死者の軍団に包囲される。ジョンはジェンドリーを“壁”へ走らせ、デナーリスに使い鴉を送るよう命じる。
サンサとベイリッシュに疑念を強めるアリアは、サンサがかつてロブに書いた手紙のことでサンサを責める。妹のことを恐れ始めたサンサは彼女の部屋に忍び込み、ある物を発見する。
ひと晩経ち氷が固まり、ついに死者の軍団の猛攻撃を受けるジョンたちだったが・・・。


 

ウィンターフェル

姉妹仲をますますこじらせるサンサとアリア。
ベイリッシュが仕込んだサンサの手紙を読んだアリアは、「父はラニスターと姉さんに殺された」と言い放つ。
兄ロブへ宛てたその手紙には、(ロバート・バラシオンが亡くなったこと。父がジョフリーから王座を奪おうとしたこと。王都へ来てジョフリーに忠誠を誓ってほしい)が書かれていた。
サンサは内容を北の諸侯には知られたくなかった。それを察知したアリアは、「サーセィーに従ったことが知れば反発されるわね」と半ば脅す。
サンサは、ベイリッシュに「アリアが理解できない」とこぼしてしまう。ベイリッシュは、「ブライエニーがアリアの味方をするかも知れない」とアドバイスし、サンサを操る。サンサは、まんまとベイリッシュに乗せられブライエニーを王都へと使者として出し、ウィンターフェルから追いやってしまう。

サンサは、手紙を取り戻そうとアリアの部屋に忍び込み、ベッドの下からいくつものマスクが入ったカバンを見つけ驚く。勝手に忍び込んだことを責めるでもなく、アリアはマスクを手に入れた経緯を話すが、その内容はサンサが理解できるものではなかったため、ますます不穏な空気になるふたり。

 

壁の向こう

死者ひとりを生け捕りするためにジョン、トアマンド、ジョラー、ハウンド、ベリック、ソロス、ジェンドリーと部下で北へと進んでいた。
ハウンドが「炎の中で見た矢じりのような山が見えた。近づいたぞ」と言うとまもなく猛吹雪となり視界が悪くなった。
すると大きなクマが出現し、ジョンたちを襲ってきた。そのクマの目は青かった。
ベリックとソロスは剣に炎をまとわせて、焼き殺そうとするが、クマは炎に包まれたままクマはソロスに襲いかかり、噛みつき振り回した。
その様子を見て、ハウンドは(火にトラウマあり)動けなくなってしまう。
ジョラーがドラゴングラスでクマを刺し辛うじて一命をとりとめたがソロスは大ケガを負ってしまう。

しばらく行くと、トアマンドが10人ほどの死の軍団と共に歩くホワイト・ウォーカー見つける。
ジョンたちは、たき火をしておびき出し、捕獲しようと計画。
たき火を見つけ寄ってきたホワイト・ウォーカーたちと戦うことに。
ジョンがホワイト・ウォーカーをドラゴングラスで倒すと、残りの死の軍団たちが一斉にはじけるように崩れた。
なんとか残った1体を押さえつけて生け捕りにしたトアマンドとジョラー。
しかしホワイト・ウォーカーは暴れて大きな声で叫び声をあげた。すると、その叫び声に反応し、ホワイト・ウォーカーと死の軍団の大軍が猛スピードでジョンたち目がけて迫ってきた。

ジョンは、ジェンドリーに「東の物見城へ戻ってデナーリスに使い鴉を送れ」と頼む。
ジョンたちは、平原に向かって走っていたが、そこは池の上で、氷に亀裂が入り始める。
目の前の大きな岩まで必死で走るジョンたち。
彼らが岩に辿り着くと、追いかけてきた死の軍団たちは、割れた氷の割れ目から落ちていった。

池の真ん中の岩の上のジョンたちを丸く囲むように、死の軍団が待機する状況となり、お互いにらみ合いとなる。
気がつけば、高台には夜の王たちまで来ていた。

その頃、ジェンドリーは、なんとか東の物見城まで到着。迎えに出たダヴォスに状況を説明する。

どんどん冷え込みを増す中、ソロスが亡くなる。
とうとう氷が完全に張ったことに気づいた死の軍団は一気にジョンたちの岩を目がけて押し寄せる。
斬って斬っても、終わりがないほどの死の軍団の多さに、ジョンは言葉を失い、諦めかけたとき・・・・

ドラゴン3頭と共にデナーリス登場!
ドラカリスで死の軍団をどんどんやっつけていく。

デナーリスが乗るドラゴンの背に、トアマンド、ジョラーは捕獲したホワイト・ウォーカーを乗せ、ベリック、ハウンドも乗った。
ジョンも乗ろうとするが、死の軍団が攻めてくるのを見て、また死の軍団にひとりで立ち向かい出す。
「ジョン、早く乗れ!」と言われる中、夜の王が空を飛ぶドラゴン目がけて槍を投げた。
槍はドラゴンに命中。その一撃で大出血しながら墜落するドラゴン。
氷の池に落ちたドラゴン(ヴァセリオン)は命尽き、氷の割れ目からズブズブ池の中へ落ちていった。

子どもを殺されたデナーリスは、驚きと怒りを隠せない。
夜の王が、また槍を握ったのを見て、ジョンは、デナーリスへ「飛べ!」と言う。
迷ったデナーリスだったが、ジョンをおいて戻って行った。

ジョンは死の軍団に囲まれ、氷の湖に落ちていく・・・
死んだかと思われたジョンは、生きていた。
必死の思いで池から這い上がったジョン。しかしジョンに気づいた死の軍団は、再びジョンに向かって迫ってきた。

それを助けたのは、ベンジェン叔父だった。
慕っていたベンジェンと壁の向こうでやっと再会できたのに、ベンジェンは馬をジョンに与え、命と引き換えにジョンを助けた。

重傷を負いながらも東の物見城へ戻って来たジョン。
デナーリスはうれしそうにジョンを迎える。
翌日、意識を取り戻したジョンを見守っていたデナーリス。
ジョンは、デナーリスの勇気(使い鴉の手紙を信じ、ひとりだけでドラゴンと共に加勢してくれたことについて)に感謝し、跪く決心をする。
また、デナーリスも「子どもを殺された仇は討つ」と、ホワイトウォーカーと戦う決心をした。

一方、夜の王たちが率いるホワイト・ウォーカー&死の軍団たちは、戦った池で作業をしていた。
そして、死んだドラゴンを池から引っ張り出すと、ドラゴンの目が青く宿った。

 

-ゲーム・オブ・スローンズ, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.