ゲーム・オブ・スローンズ 海外ドラマ

ゲーム・オブ・スローンズ 第7章 #7 ドラゴンと狼(最終話)

投稿日:

シーズン7の最終話なので、今回は感想を最後に記載します

第7章 氷と炎の歌

#7 (最終話)ドラゴンと狼 

ジョンたちは生け捕りにした死者を連れてキングズランディングに到着する。初めて目の前で死者を見たサーセイ、ジェイミー、ユーロンは恐れおののき、すぐそこに迫る大戦の重大さを目の当たりにする。
ウィンターフェルでは、アリアの反乱を未然に防ごうとするベイリッシュの差し金通り、サンサは妹を糾弾すべく大広間に招集するが・・・。
一方、シタデルを出たサムはウィンターフェルに到着し、ブランにジョンの出生に関わる重大な真実を伝える。


 

キングス・ランディング

陸からはキングス・ランディングの手前にグレ・ワーム率いる穢れなき軍団(アンサリード)とドスラク人の大軍が待機。
海からは、ティリオンやジョンたちを乗せた船が接岸。
サーセィーと謁見するためドラゴン・ピットへ移動する。

サーセィーはジョンたちをジラして登場。
しかし、そこにはデナーリスがまだ到着していなかった。
デナーリスは、その後ドラゴン2匹と共にドラゴン・ピットに登場する。

ティリオンやジョンたちは、サーセィーに対し、「協調するために来たのではない。話しの通じない死者の大軍が我々を襲撃しようとしている」と伝えるが、当然、サーセィーは相手にしない。
そこでハウンドが捕らえてきたホワイト・ウォーカーを放つ。
ホワイト・ウォーカーは猛ダッシュでサーセィーに襲いかかった。それを止めたハウンドに今度は襲いかかるホワイト・ウォーカー。
剣で真っ二つにしても尚、死なずにジョンに向かって這う姿を見て言葉を失うサーセィー。
ジョンは火とドラゴングラスだけが死の軍団を倒せるのだとデモンストレーションした。

ユーロンはホワイト・ウォーカーが泳げないことを確認すると、「オレは抜ける」と退場。
サーセィーは、壁の向こうの脅威を認め、ジョンとは休戦する代わりに忠誠を誓うよう要求した。
ジョンは、ためらったのち「忠誠を誓っているのはデナーリスだ」と事実を話すと、サーセィーは交渉決裂だと去っていく。

ここまでお膳立てしたのに、交渉決裂した現実にティリオンは「ウソも方便と言うだろ」とジョンに言い、デナーリスも「忠誠を誓ってくれたことはうれしいけれど、これじゃ私の子ども(ドラゴン)が犠牲になった価値がない」と言われてしまう。

この状況を打破するために、ティリオンは処刑されることも覚悟でサーセィーに話しをつけにいく。
ティリオンを憎んでいるサーセィーは、怒りをぶつけつつも、ティリオンを処罰することができなかった。
サーセィーは、その後「軍を北へ進軍させ、来たる闇に対して共に立ち向かう」と宣言する。

その宣言を聞き、北方遠征の準備をするジェイミー。
それを見たサーセィーは「バカなの?本気でドラゴン女王のために戦うワケないでしょ~」と言う。
ジェイミーは驚き、戦士としてのプライドからも「約束したことが遂行しなければ」と言うが、
サーセィーは「私たちより人数が多く強い彼らが止められない北の脅威に私たちが参戦したところで変わらない」と言い「彼らがモンスターと戦っている間に支配する」と言います。
ジェイミーは「北の戦いが終われば勝った方が王都を攻めてくるんだぞ?モンスターが襲ってくれば、俺たちはおしまいだ。だけど、ドラゴン女王たちが勝てば、裏切った俺たちを許すわけがない。俺たちを支える家はないんだから」と言うが
サーセィーは「お金があるから大丈夫。エッソスから金軍を連れて来るわ」と言い、裏切ったように見せたユーロンが実はエッソスに行っていると言う。
その計画を知らなかったジェイミーは、サーセィーを非難した。すると、サーセィーも私に内緒でティリオンと計画してたじゃないか!と言い、「私に反発して進軍するなら反逆罪だわ」と言う。しかし、さすがに処刑はできず、ジェイミーはひとりで王都を後にした。

 

シオン

シオンは過去を後悔しているとジョンに伝える。
ジョンは、父ネッドがどれだけ愛情をかけて育ててくれたか、父を尊敬して止まないと話し、
「全ては許せないが自分が許せるところは許そう。お前はグレイジョイであり、何よりスタークだ」と伝える。
シオンは、ユーロンに捕らわれている姉ヤーラを奪還しようと鉄の兵士に言うが、相手にされない。
それでも食い下がると鉄の兵士のリーダーにボコボコにされる。
しかしシオンは逃げずにカレと戦い、最後には倒した。
その姿を見た鉄の兵士は、ヤーラ奪還のためにキングス・ランディングへと向かうことに。

ウィンターフェル

サンサはジョンからの手紙を受け取る(内容:デナーリスに忠誠を誓ったこと。北の脅威を伝えるためサーセィーと謁見すること)
ベイリッシュは、サンサがジョンに不満を持っていることを察知し(ジョンから何の相談もなかったこと)「ジョンを辞めさせることも可能だ」と言い、アリアがウィンターフェルに戻ったのはナゼだと思うか?と問いかける。サンサはベイリッシュに誘導されるようにアリアのことを推測し、「アリアは私の死を望んでいる。それは私が家族を裏切ったから。私が死んだら、城主になるつもりだわ」と答えを導き出した。

その後、サンサは部下に指示、アリアはグレート・ホールに連れて来られる。
そこには、サンサ、ブラン、北部の兵士や諸侯、そしてベイリッシュがいた。
サンサは「気が進まないが」と前置きしたあと「あなたは反逆罪と人殺しの罪で訴えられている。罪を認めるか?」と言ったが、その顔はアリアに向けてではなく、ベイリッシュに向けてだった。

突然、自分に向けられた言葉と、皆の視線に驚くベイリッシュ。

サンサは
・ライサ・アンリ(サンサたちの叔母)を殺害した罪
・叔母ライサにジョン・アンリ(ライサの夫)を毒殺させた罪、そして「犯人はラニスターだ」と虚偽の手紙をスタークに送り両家の確執を作った罪
・父ネッドの信頼を裏切り、サーセィーとジョフリーにネッドを大逆罪で投獄するよう仕向け、結果、父が処刑されてしまった事実

これらを問い詰めたが、ベイリッシュは認めないどころか、証人はいないと開き直った。
しかし、ブランとアリアが「父の喉にナイフを突きつけた。そしてそれはティリオンの短剣だと母にウソを伝えた」と真実を突きつけた。
ベイリッシュはサンサに嘆願したが、「私たち姉妹を不仲にさせた理由は?あなたはいつも、家同士に確執を作り仲違いをさせてきたのだ」と言い処刑を宣告。
アリアは華麗に喉を裂き、ベイリッシュは息絶えた。

ジョン・スノウ出生の秘密

サムはウィンターフェルに到着。ブランに会いに行き、死者との戦いを指揮するジョンを助けに来たと言う。
ブランは、自分が三ツ目の鴉になったことを話し、ジョンが戻って来たら真実を告げなければならないと、ブランの情報を話すが、サムはそれを否定。
知識の城(シタデル)で読んだ総司祭の記録に
「総司祭はレイガー・ターガリエンは結婚を無効にし、リアナ・スタークと結婚した」と記載されていたと証言。
ブランにその過去が見えるか?と問う。
ブランが過去にヴォーグすると、総司祭が見守る中、ふたりが結婚している姿を見る。そしてロバートの反乱はウソで始まったのだ。レイガーは叔母リアナを愛していた。そして、リアナは身ごもり生んだ子どもの名は、エイゴン・ターガリエン。それがジョンであり、鉄の玉座に座るべき後継者だったことがわかる。

その頃、デナーリスとジョンはお互いを求め合い結ばれていた。真実を知らずに。

 

東の物見城で

トアマンドはベリックと共に監視台で壁の向こうを見ていると、木々の奥からドンドン、ドンドン死の軍団が現れ出す。

とうとう夜の王たちが率いるホワイト・ウォーカーと死の軍団は、ここまで辿り着いてしまった。
余りの大軍に言葉を失うトアマンド、すると大軍の行進が止まったかと思うと、
空から青い炎を吐きながらドラゴンが現れ、壁に向かって炎を吐き、壁を崩しはじめる。

魔物と化したドラゴンを操っているのは夜の王のリーダー

壁がドラゴンが吐く青い炎に見る見るうちに崩壊。
完全に破壊された壁をゆっくりと進軍しだす夜の王たちと死の軍団たち

その中には巨人族がホワイト・ウォーカー化したもの。

(完)

<感想>

サーセィーさんは、すごいわ。イヤ~、戦時中ってサーセィーさんのような人が生き残り、天下を獲るモンなんでしょうね、きっと。
それに比べると、デナーリスは行動力もあるし、決断力も慈悲の心も持ち合わせている分、甘いところもあるんで、ティリオンの言うように、良い世界を望むのならデナーリスが女王となるべきなのだろうけれど、残るのはサーセィーさんのような、利益のためには約束も反故にできる人なんだろうと思います。
あんなに情熱的にジェイミーを求めて、身ごもったら(私の言うとおりにしないなら反逆罪よ!)と言えるのも、どーかと・・・。
ジェイミーは、目が覚めたのかなぁ@

なんとな~くだけど最初からジョンは、”ただ者ではない”気がしてました。ま、それはカッコイイと思ってるからもありますけど(笑)
それゆえ、シーズン5、10話でジョンが死んだ時は1番驚きました。
ジョンは、エイゴン・ターガリエンだったんですねぇ~。
それなのに、惹かれあい結ばれてしまったジョンとデナーリス。ん~@また苦悩がひとつ増えてしまうことになりましたね。

過酷な運命を超えて、故郷ウィンターフェルで生きて再会できた姉妹が、ベイリッシュの企みによって仲違いしていくのはイヤだな~と思ってたし、策士ベイリッシュにウンザリしてたので、サンサとアリアがベイリッシュをハメて処罰したのは、スッキリしました。
慈悲を出して助けたとしても、ベイリッシュは大人しくしているハズがありませんしね。
と言うか、もはや小さな小細工をして国盗りゲームをしてる場合じゃない緊急事態ですからね!

ラストシーンは、「黒の城(カールス・ブラック)の死闘(S4 #9)」のデジャヴを見るようでした。
ただし、壁に向かって攻めてきたのは、マンス・レーダーやトアマンドのいた野人たちではなく、夜の王が率いるホワイト・ウォーカーと死の軍団たち。
壁の上の見張り台から10万超えのホワイト・ウォーカーを見て言葉を失ったトアマンドとベリック。
その上、野獣の雄叫びと共に夜の王のリーダーが、ホワイト・ウォーカーと化したドラゴンを乗りこなして登場!
青い炎を吐いて、壁をぶっ壊しましたわ~・・・・

これで完全にシーズン8は、生者たちのVS死者たち のエピソードで始まるハズです。
HBOから正式に、シーズン8の次がファイナルと発表されてます(ん~、残念)
1年余、ファイナルシーズンを楽しみに待つことにします

 

-ゲーム・オブ・スローンズ, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.