海外ドラマ グレイズ・アナトミー

グレイズ・アナトミー 14 #18 流れに抗って

投稿日:

WOWOW 毎週水曜日23時~放送中

Photo 引用 all by: IMDb

#18 流れに抗って Hold back the river あらすじ

リチャードが長年相談役として頼ってきたオリーが末期の肝不全で搬送されてくる。
オリーはすでに、自分の病状について理解し、蘇生拒否を表明していたのだが、リチャードは治療するべきだと説得を始める

まとめ & 感想

アメリアとコラシックの研究中の治療

アメリアとコラシックは、入院中の妊婦リズの息子ノアの脳腫瘍が手術不可能であるため、代案として超音波で脳内腫瘍を焼く手術を提案する。
ノアは治療を受けたが、治療中、想定外のことが多々起こり、アメリアとコラシックは対処に必死になるしかなかった。
術後、意識は戻らないノアに心配するが、ノアは目を覚まし、治療はなんとか効果を出した。

しかし、アメリアとコラシックは、確立されていない治療だと改めて実感。
キミーにはこの治療を行わないと決める。
それを聞いたアレックスは、思わずコラシックの胸ぐらを掴み暴力を振るいそうになる。

肝不全で搬送されたオリー 67才

リチャードは断酒会でオリーに出会って以来、ずっとサポートしてもらっていた。
この20年、リチャードはオリーと毎日電話で話し、カレにとっては「神」同然だと言うオリーが搬送されてきた。

リチャードはオリーから病気のことを聞かされていなかっただけでなく、末期の肝不全で蘇生拒否をしていると知り衝撃を受ける。
希望を失っていると怒るリチャードに、オリーは自分の病状を受け入れた今は、心は平静だと言う。
しかし、諦めきれないリチャードはメレディスとマギーを主治医にする。

しかし、治療法はなかった。
オリーはそれを聴き、自分が死んだあとのリチャードのことを心配する。

オリーの現状を受け止めきれないリチャードをマギーが説得することに
マギーは、育ての母をガンで亡くす直前。平静に最期を迎えたいと言った母親に、いくつもの実験的治療をして苦しめたことを今は後悔していると話す。

リチャードは、落ち込み苦しむアメリアを見つけ、オリーのところへ連れて行き、「ここで集会をしよう」と提案する。

リチャードは、オリーの死を受け入れたってことなんでしょうね

 

乳ガン患者のディナ

アリゾナが以前、担当したディナがクルマの事故でERへ運ばれてくる。
ディナは、乳ガンステージ2で、抗ガン剤治療中だと言う。
名医「スコット・ハンソン」が主治医で、カレから「必ず治る」と言われていると言う。

ところが、胸部のCTには乳ガンの所見がなかった。
不信に感じたオーウェンは、腫瘍学会のサイトを検索、ハンソンが会員でないことを見つけてしまう。

アリゾナとハンソンは、患者を装いハンソンの診察を予約。
アリゾナが乳ガンのエコー検査を受けると、左胸乳ガンが見つかってしまう。

しかしそれは仕込んだ乳ガンの画像だったことはわかる。

オーウェンは怒りMAX。警察にも通報したのだった。

まるで現実にあったようなエピソードに思えました

 

その他のエピソード

  • デルーカはアリゾナ宅に間借りしていたのだが、アリゾナが姉カリーナが恋人同士になったため、居づらくなり当直室を仮住まいにしていることをベロに気づかれてしまう。
    ベロは、デルーカに自分の家に来ないか?と提案した
  • ベイリーは体調も良くなり、ベンとのSEXを楽しみたいと思っているが、ベンはベイリーの体調を気遣い、SEXしようとしてこない夜が続いていた。
    シビレを切らしたベイリーは、緊急事態とベンを呼び戻し、自分から襲いかかる(笑)
  • メレディスは肝臓増殖の実験を続けていたが、失敗続き。
    しかし、1匹だけ肝臓増殖できたマウスができ、希望を見いだす。
  • マギーとジャクソンはラブラブ。しかし、荒れているエイプリルのせいで娘ハリエットをジャクソンが世話しなければならず、進展できないまま。
  • エイプリルは患者イーライのおかげで再び信仰心を持てるようになり、落ち着き、迷惑をかけた同僚たちに謝って廻る。
    マギーにも謝罪し、ついでにインターンと寝て、コラシックと寝て、元夫にも迫ったと告白してしまう。

-海外ドラマ, グレイズ・アナトミー

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.