海外ドラマ グレイズ・アナトミー

グレイズ・アナトミー 14 #20 破滅のお供にクッキーを

投稿日:

WOWOW 毎週水曜日23時~放送中

Photo 引用 all by: IMDb

#20 破滅のお供にクッキーを Judgement Day あらすじ

コンテストの二次選考の日。アリゾナは患者からもらった手作りクッキーを皆に振る舞う。
しかし、そのクッキーにはマリファナが使われていたことがわかる。
食べたドクターが皆ハイになりだす。
そんな中、ハーパー・エイヴリーの秘密が明らかになる

 

まとめ & 感想

マリファナクッキー

コンテストの二次選考が行われる会場で、アリゾナが患者からの差し入れクッキーを皆に振る舞う。
しかし、そのクッキーがマリファナ入りだったことがわかり、プレゼンテーションは中止になる。

ハーパー・エイヴリーの真実

クッキーを食べた、キャサリン、ジャクソン。
キャサリンは、ジャクソンが勝手にレベッカ・フロイの契約を無効にしたため、財団が大騒ぎだと言う。

実はハーパー・エイヴリー(ジャクソンの祖父)は13人もの女性にセクハラをし、その尻拭いを全部キャサリンがしていたのだった。

その事実をエイプリルから聞いたメレディスは、キャサリンとジャクソンに問いただすと・・。

セクハラ被害女性は13人で、彼女たちには、
・エイヴリー財団系病院で働かないこと
・賞にも応募しないこと
を条件に、大金を支払い黙らせていたことがわかる。

そしてマリー・セローンもその被害者のひとりだと言う。
エリス(メレディスの母)は、論文からマリーの名前を削除し応募、賞を獲得したことがわかる。

 

ひとり立ちしたジョー

ベイリーが胃全摘術をしようとして、体調が悪くなる。
ベイリーもマリファナを摂取していたのだった。
手術をメレディスが引き継ぐはずが、手にケガをしてしまったため、ジョーが執刀することに。
ジョーは、胃を見て全摘の必要はないと考え、メレディスの見解を聞くが、
メレディスはジョーが判断するべきだとアドバイスしなかったため、
ジョーはデータを見直し、リチャードの腫瘍判別ペンを使い、胃1/2切除をすると決断、無事オペは終了する。
メレディスは、自分が執刀しても同じ判断をしたと言い、自分で判断することこそが一流の外科医だとジョーにアドバイスした。

こうしてジョーも一人前の外科医になってくんですねー

 

パパになる

養子縁組に申し込んだオーウェンの元に0才のレオくんが来ることに。
親になりたかったオーウェンだったが、突然の展開、しかも0才児に慌てふためき、アメリアに助けを求める。
何をしても泣き続けるレオに手を焼き、里親になる決断は失敗だったか?と悩むオーウェンをアメリアは支える。

今回のエピソードはふたりはとても良い感じでした。
アメリアもママって感じだったし。
いっそのこと、ふたりが復縁してくれたらな~と思います。
しかし、メレディスとデレクが里親になるとき、審査がとっても大変だったのに、オーウェンは簡単すぎて、おぃおぃ感があります~。

 

その他のエピソード

  • ベイリーの研究「トレイル・ブレイザー」は、大人のオモチャの会社と契約し、儲かる予感
  • 研修医のロイは、クッキーを食べたことを黙ったまま医療行為に携わったことがわかり、リチャードから解雇を言い渡される。
  • マリファナでラリったデルーカは、サムを思い出し苦しむ
  • アリゾナとカリーナは良い関係が続いている様子

 

 

-海外ドラマ, グレイズ・アナトミー

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.