ハンドメイイズ・テイル 海外ドラマ

ハンドメイズ・テイル シーズン1 #9 橋

投稿日:

ネタバレさせてまとめていますので、視聴していない方はご注意ください

本当に興味深いドラマです
2017年のエミー賞、しかも5部門で受賞した理由がわかります
Storyがぶっ飛んででおもしろいのは、原作が素晴らしいから(カナダの文学賞を受賞)でしょうけれど、Huluオリジナルのドラマなのに素晴らしいクオリティだと思います。
#10を残すのみなんて残念だわー。早くシーズン2が見たい

#9 橋 The Bridge あらすじ

オブフレッドはレジスタンスの力になろうと決心し、アルマに伝えると、彼女から危険な任務を任されてしまう。
パットナム家での任務が終わり、ジャニーンは新しい任務に就くことになるが・・・

Photo 引用 all by: IMDb

 

まとめ & 感想

オブウォーレンの儀式

パットナム家の前庭に集められた侍女たち。
屋敷の中では、オブウォーレンからパットナム夫妻へ赤ちゃん(アンジェラ)を渡す儀式が行われていた。
アンジェラを渡すの嫌がるオブウォーレンをリディア小母が促し、儀式は終了。

侍女たちは、オブウォーレンを祝福。
オブウォーレンはクルマに乗せられ、次の任務先、ダニエル司令官とモンロー夫人宅へと移動させられた。
オブウォーレンは、今日からオブダニエルと名前を変えて新しい任務に就かされることに。
それでも、彼女は司令官ウォーレンから愛されていると思っており、ウォーレンが必ず迎えに来てくれると信じていた。

 

メーデーに関わることを決めたオブフレッド

オブフレッドはメーデーを手伝うとアルマに伝える。
アルマは、今夜、イゼベルの店のバーで、レイチェルから小包を受け取れと司令を伝えてくる。

”今夜”と言う無理難題の司令。しかも、方法は自分で考えろと言うムチャクチャ。
その上、恐ろしいことにレジスタンスのメンバーは、オブフレッドの行動をすべて把握しているんだって

オブフレッドは、フレッドに誘いをかけてその気にさせ、イザベルの店へ行くことに。
オブフレッドはバーでお酒を飲みたい言うが、フレッドはホテルの部屋に直行してしまう。

SEXのあと、バーへ行きたいと言うオブフレッドに、突然真顔になったフレッドは、「人に会うためだろう。手配しておいた」と言い出す。
フレッドが手配していたのは、モイラだった。
フレッドは前回来た時にモイラとオブフレッドが目線を合わせていたことに気づいていたと言う。

シャワーを浴びてる間に、ふたりに話す時間を与えたフレッド。
オブフレッドは、メーデーの話をしモイラを誘い、自分の代わりに小包を受け取って欲しいと頼むが、戦意を喪失しているモイラは拒絶する。
ジューンは、ハンナ(娘)を捜す約束はどうなった?と言い、彼らに虐げられたままじゃなく戦うのよ!と訴えたが、モイラは、娼婦のルビーで満足していると部屋を出て行ってしまう。

一方、ニックはオブフレッドがバーの固執していることを気にかけイザベルの女中を使って探りを入れる。

 

ジャニーンの反乱

ジャニーンは、オブダニエルとして子作りの儀式をすることになったが、ウォーレンが迎えに来てくれると拒絶する。
その後、パットナム家に行き、アンジェラを抱いて橋の欄干に立ちはだかっていた。

リディア小母からの要請で、セリーナ夫人に起こされたオブフレッドはクルマで橋まで連れて来られる。

ジャニーンは、赤ちゃんの名前はシャーロットであり、ウォーレンは私を愛していると主張。家族になろうと言うから、カレが望むことはなんでもしたと一線を越えた関係だったことを暴露。

オブフレッドは、ジャニーンを説得する。
オブフレッドは、ジャニーンから一緒に死のうと言われるが、娘がいるから出来ないと答え、シャーロットの人生を奪ってはいけないと説得を続けた。
ジャニーンは、その言葉でシャーロットをオブフレッドに渡し・・・川に身を投げた。

なんとか救助されたジャニーンだったが、病院で意識不明の状態に。

 

マーケットで渡されたもの

ジャニーンの自殺は、オブフレッドには衝撃だった。
買物の業務のためにマーケットに来ていたオブフレッドは、肉屋のおじさんから「司令官のための良い肉がある」と勧められ、買うことに。
しかし渡されたのは、肉と小包だった。
オブフレッドが小包を確認すると、モイラからの手紙が。
モイラがレイチェルから受け取ってくれたのだった。

一方、イゼベルの店で。
モイラは、たぶんドライバーを殺し、ドライバーの服を着て、クルマのエンジンをかけ走り出していた

 

セリーナ夫人は、夫フレッドとオブフレッドの関係に疑いを持ちだした様子。
いよいよ、ラスト1話。

-ハンドメイイズ・テイル, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.