ハンドメイイズ・テイル 海外ドラマ

ハンドメイズ・テイル シーズン2 #2 不完全女性

投稿日:

プレイベートが忙しく、中々「ハンドメイズ・テイル」を見られませんでした~

ネタバレさせてまとめていますので、視聴していない方はご注意ください

#2 不完全女性 Unwomen あらすじ

ジューンは身を隠すためにオフィスビルに連れて来られる。
一方、コロニーには思いがけぬ人物が移送されてきて、エミリーの心をかき乱す。彼女はギレアドの台頭で引き離された妻と息子のことを思い出していた。

 

まとめ & 感想

ジューンが運ばれた先

ジューンは荷物に紛れ、あるビルに連れて来らる。
運転手から水と電気があるこのビルで、身を隠すよう言われる。
そこは「ボストン・グローブ」の社屋だった。
外ではサイレンは鳴り響き、ヘリの音が聞こえ、妊婦のオブフレッドの捜索が続けられていた。

ビルの地下奥で様子を伺っていたジューンだったが、そのうちビル内を探索はじめる。
オフィスのデスクには飲みかけのコップや家族の写真がそのままになっていた。
そして、ジューンは虐殺の痕跡を見つけてしまう。
作られた絞首台。生々しい血のあと、銃跡・・・。
ジューンは心をかき乱される。
その時、ビルに人が入ってくる音が・・・

ニックだった。

ジューンはすぐにでもアメリカを脱出したいと言うが、ニックはジューンを徹底的に捜している今は、動くときではないと言う。
しかしジューンは焦りから「ハンナを取り返す!カギを貸して!」と聞く耳を持たなかった。
ニックは、キーと銃を渡す。
ジューンはシャッターを開け、エンジンをかけるが、ジューンを見つめるニックを見て
冷静さを取り戻し、脱出を諦めた。
その後2人は激しく求め合う。

ジューンはニックのGOが出るまでこのビルで潜伏することを決める。

 

オブグレン(エミリー)がいる場所

オブグレン(エミリー)は「女失格(Unwomen)」の場所、コロニーにいた。
エミリーは、放射能汚染が広がる荒れ果てた荒野で、過酷な労働をさせられながらもケガや病気で苦しむ仲間を助けていた。

ある日、司令官夫人がコロニーに連れて来られる。
皆が夫人に冷たく当たる中、エミリーは気にかけてやる。
夫人は肉欲に罪でコロニー送りにされたと言う。
エミリーは感染を防ぐためにと、抗生物質を分けてやる。
その夜、夫人はトイレで苦しむ。
エミリーは夫人の元へ行くが、「夫が侍女をレイプするのを黙認していたことは許されるべきことじゃない」と言い放った。
エミリーは抗生物質と言い、毒薬を飲ませていたのだった。
翌朝、荒野に十字架に磔にされた夫人が死んでいるのが見つかる。

コロニーにまた女たちが連れて来られた。
その中にジャニーンがいた。

 

エミリーの過去

大学教員のエミリーは、レズビアンであることを理由に来期の講義を外される。
ゲイである同僚から、目立たない方が良いと警告されるが、エミリーは戦う姿勢を見せる。
しかし、その同僚が大学構内で首つり処刑されてしまう。
その頃、すでにアメリカ情勢は不安定になっていたため、エミリーはパートナーのシルビアと息子と共にカナダへ出国することに。
大混乱の空港で、シルビアと息子はカナダ国籍で出国を許されるが、エミリーはビザがないこと、結婚証明書が無効だと拒否されてしまう。
エミリーは空港で家族と別れた。

-ハンドメイイズ・テイル, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.