海外ドラマ アウトキャスト

アウトキャスト シーズン2 #1~5

投稿日:2017-07-11 更新日:

シーズン2スタートしたけど、シーズン1の終わりさえもあまり覚えていない(笑)

シーズン1のおさらい

メーガンが悪魔に乗っ取られ、豹変。夫を殺害してしまいました。
苦しむメーガンのから悪魔を取り払ったのは、カイルの娘:アンバー。アンバーもまた特殊能力を持っていたワケです。
カイルは、メーガンとメーガンの娘:ホリーをジャイルズ警察署長の自宅で保護して欲しいと頼む。
オクデンの妻キャットは、悪魔に取り憑かれた人が、人格と融合するまで苦しむ時期をケアする仕事をシドニーから任されていて、オクデンもそれに協力していた。
牧師:アンダーソンは、元凶のシドニーを焼く尽くそうと、シドニーが滞在していたトレイラーハウスに火を付けるが、そこにシドニーは居らず、いたのは、アンダーソンの恋人:パトリシアの息子がいたかも?

カイルは、娘アンバーを連れて町を出ることを決意。クルマで町を出発する


 

#1 漆黒の町(Bad Penny)

悪魔から逃れるために娘のアンバーを連れて町を出ようとしたカイルだが、どこへいても悪魔の存在を感じると察した彼は、計画を変更してまた町に戻ることに。メーガンがいるジャイルズの別荘へと向かう途中、彼は偶然アンダーソンを見かける。焼け焦げたシドニーのトレーラーの前にたたずむアンダーソン。彼はカイルに、トレーラーを燃やしたのは自分だと話す。シドニーを殺すためだったとの彼の告白に、カイルは動揺するのだった。

<感想>
ジャイルズ警察署長宅で保護されてるメーガンは、心を閉ざしたまま。
夫殺しの罪は、ジャイルズ署長がフォローしてくれているようだが、それを知ったメーガンがウソはイヤだと怒る。
これについてはどうなるんだか。
メーガンの娘ホリーは、仲良かったアンバーを避けるように。

署長曰く、悪魔に取り憑かれた人間のリストがあるんじゃないか?と。
そして、その悪魔に取り憑かれた人間は、現在、町に放たれてしまっているらしいと。
リストの存在、内容を知っている可能性があるオクデンを尋ねるカイル。
しかし、オクデンは憔悴しきっていた。カレ曰く、妻:キャットはシドニーと共にオクデンのクルマでどこかへ行ったとのこと。
リストの中身が知りたいと言うカイルに、そうだろうなと言ってピストル自殺をしてしまった。

よ~わからんまま #1は終了

 

#2 底なしの失望

警官が森の中で転覆した車を発見する。その中にいたのは、メーガンの夫マーク・ホルター。彼の所持品を受け取ったカイルがメーガンに届けに行くと、夫を殺したという罪悪感にさいなまれる彼女が、自らの心情をカイルに吐露する。一方、シドニーのトレーラーを放火したと告白したアンダーソンは留置場の中にいた。アーロンの母親であるパトリシアが面会に訪れると、アンダーソンは彼女にアーロンを殺したかもしれないと告げる。

<感想>
ちょっと面白くなって来ました!
メーガンの中の悪魔は完全に消えたワケではないとアンバーはが気づきましたがカイルはわかってなかったにね~。カイルの能力もどうなのよ?と思ってしまいます。
メーガンは、自分が夫を殺したことは理解してるようで、苦しんでいるようだけど、それが悪魔に憑依されたからとは思っていないようです。
苦しんで湖に身を投げたところを誰かに助けられましたが。誰だろ?ふつーに考えると、カイルだよね。
意外だったのは、カイルの母親の主治医であるパークが。シドニー側の人間だったらしいです。つまり、悪魔に憑依されてる??どうやらシドニーの手下として仕事をしてるようです。
アンダーソンが火を付けた火事跡から見つかったのは、独特の儀式を施された30年前の遺体だったそう。パトリシアの息子アーロンでなかったので、アンダーソン牧師は釈放になりました。で、そのアーロンがラストシーンで出て来ましたよ~火傷した顔がチラッと映ったのがアーロンと思われ、シドニーが匿ってるようです。

 

#3 迷い

アーロンはやはり生きていました。シドニーが火事の中から救い出したようです。
シドニーに協力しているイヴリン。イヴリンの夫であるピーターはシドニーあっさり殺されました。

メーガンは自殺を図ったけれど、彼女を助けたのはアンダーソン牧師。
メーガンは、新しく出発しようと、ジャイルズ(警察署長)の別荘を出て、ホリー(娘)とふたりで自宅に戻ったけれど、自宅は夫(マーク)を殺害してしまった現場でもあるワケで、ホリーの様子がおかしくなります。
メーガンにもフラッシュバックが続き、まだまだ危ない感じ。

カイルはアンバーを連れて病院施設に入所中の妻:アリソン見舞いましたが、アリソンはカイルのことキライってますね~
なんでここまで嫌うかなぁ~?

廃品回収場のようなところには、ジャイルズが大男に手伝わせ集めた「憑依されているものたち」がいました。
その中には、シドニーに夫を殺されたイヴリンと息子のジョショア。牢屋でアンダーソンの隣檻だった青年がいました。
そしてカイルの父親の過去が明らかに?カイルの父親も、カイルと同じ能力があったようです。
そしてカイルの父親は30年前に悪魔封じを成功させた?って感じです

 

#4 復讐の念

パトリシアは息子の無事を信じて毎晩アーロンの夕食を用意して眠る日々。そんなある日の真夜中、アーロンは自宅へ戻る。頭部から顔面焼けただれた醜いアーロンを見てパトリシアは心を痛める。
しかし、アーロンは牧師に復讐するために戻ったのだった。母親のスマホから牧師に電話をし、牧師が自宅へ来るように画策。
牧師とカイルがパトリシア宅に着いた時、パトリシアが死に絶える直前だったが、部屋の壁にはパトリシアの血液で書いた★の印あり。

牧師はアーロンと向き合うためにカレを呼びだす。
アーロンは、取り憑かれてはいなかった。しかし、牧師への憎しみは消えず、同じように焼いて殺そうとするが、今回も間一髪で牧師は助かり、アーロンはシドニーと共に逃げた

廃材置き場の男:ボブとジェイルズ署長は、廃材置き場の中に檻を作り、イヴリン、ベッツイなどを監禁されていた。
ボブは、30年前、カイルの父親に協力し、ヘレンと戦い封印したらしい。ボブ曰く、ヘレンが今のシドニーと同じ立場だと言う。

シドニーは女性警官:ヌニェスまで仲間にしていた。町長もグルか?

自宅にいれなくなったメーガンはホリーと共に町を彷徨うが、行くところがなくメーガンの実家へ。
どうやらメーガンは敬虔なキリスト教徒の母親と確執があるようす。

 

#5 隣人に潜む悪魔

4話が中々面白い展開になってきたので、期待してたけど、2/3はワケわからぬまま進みました~。
が、後半1/3でかなりの展開しました

施設に入所中のアリソンは、変な体験をするが本人が希望し退所。娘アンバーの元へ。でも様子がおかしい。

住民がパトリシアの死について、悪魔の儀式なのかと騒ぎだす。
町長であるオーウェンが「ウワサに流されず彼女の死を悼もう」と問いかけ、住民会議をすることに。
その会議で、町長のオーウェンはジャイルズ署長が引退し、ヌニェス警部が後任をすると発表。
ジェイルズは壇上に立ち、「町長を信じないで皆でこの状況を乗り切るために協力してくれ」と話した後咳き込んで倒れてしまう。
それを町長が運び出す。止めようとしたカイルの前に取り憑かれた住民と思われる数人が立ちはだかる。
牧師も参戦し、会議室から抜け出しジャイルズを追うが、ジャイルズは何者かにコントロールされているようでカイルに襲いかかる。
その後、空に舞い上がっていくジャイルズにカイルは食らいつき、ジャイルズの身体の中から黒い煙を出させる。
その後地面に落下したふたり。
ジャイルズは一命をとりとめたようだが、カイルはおなかに鋭利なものが突き刺さったままで大出血。意識がなかった。
メーガンは、カイルに駆け寄り信じるべきだったわと呟く

カイルは死なないで回復するんでしょうけど、どうなんでしょ?

一方、結局シドニーの仲間だったオーウェン町長。
自分の思い通りにならないオーウェンが用なしになったのか、アーロンに殺せと命令し、銃殺された。

 

正直、あまり意味がわからないまま見ています(笑)
カイルは死なないんでしょうけど、カイルよりも力の強いものがいるそうで、それは誰でしょう?
アンバーか、メーガン?

 

-海外ドラマ, アウトキャスト

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.