海外ドラマ アウトランダー

アウトランダー シーズン3 #8 ウソの代償

投稿日:

故郷ラリーブロッホへ戻って来たクレアとジェイミー
#8は内容が濃かったです 

#8 ウソの代償 あらすじ

ジェイミーと共にラリーブロッホに戻ったクレアだったが、待っていたのは予想外の反応だった。
そして、クレアと離ればなれになっていた時にジェイミーが下したある決断が、2人を苦しめることになる。

photo 引用 all by TVLine Media, LLC.

 

感想 & まとめ

ラリーブロッホへ戻る

クレアとジェイミーはヤング・イアンと共にラリーブロッホへ戻って来た。
クレアはジェニーと20年ぶりに再会したが、ジェニーの反応は予想外に冷たかった。

両親に勝手な行動を咎められたヤング・イアンは、自分には商才があるとブランデー樽を売りさばいたこと、火事が起こったことを話してしまう。
イアンとジェニーは、密輸に関わる仕事をさせていたことを怒り、「火事で住むところを失ったから20年も経ってすました顔で舞い戻ってきたんだろう」とイヤミを言う。

20年で、ジェイミーの名前をもらった長男ジェームズは結婚し4児の父親に。
クレアが取り上げたマーガレット(マギー)も結婚し2児の男の子(アンガス、アンソニー)の母親になっていた。

クレアはジェニーとの関係を修復するには真実を話すしかないと言うが、ジェイミーは世界を知らないジェニーには理解できないと反対する。

 

ジェイミーの告白 その1

ジェイミーは1度だけクレアを探しに行ったことがあると言う。
ダンカン・カーと言う男が、死の間際、島に財宝があり、ラ・ダム・ブランシュ(白い魔女)がそれを守っていると言ったという。

クレアはラ・ダム・ブランシュ(白い魔女)と呼ばれていた時がありましたね(シーズン2)

ジェイミーは、それがクレアでは?と思い、シルキー・アイランドに目星をつけ、荒れた冬の海を泳ぎ切り島へ渡ったと言う。
クレアの名前を叫んだが、クレアはいなくて、クレアがいるのではないかと期待した分、なおさらツラかったと。

島の中にはカーの言った通り、マッケンジーの紋章が描かれた岩があって、その奥に財宝の入った鉄箱が!
それを持ち帰ることができず、その財宝はまだ、その島にあると言う。

 

ジェイミーの告白 その2

ジェイミーは意を決して告白しようとした時、ジェイミーの部屋の扉があく。
「ダディ」と呼ぶ可愛い女の子。その後ろにいたのはリアリーだった。

ジェイミーを愛するがゆえ、クレアを魔女扱いし殺そうとした因縁の相手とジェイミーが結婚していたなんて!!衝撃を受けるクレア。

リアリーもクレアを見て逆上する。

 

ジェニーとクレアの確執

別居しているリアリーたちが、屋敷に呼んだのはジェニーだった。
クレアはナゼ、リアリーたちを呼んだのか?と聞くと、「彼女が妻だから」と言い、20年もジェイミーを放っていたクレアが悪い。クレアといるとジェイミーにためにならないと言い放った。

また家族の一員に戻りたいと言うクレアに、ジェニーはあの頃のまま受け入れられると思ったの?と言う。
クレアは「カローデンのあとアメリカに渡り、生きるために結婚していた。過去を捨てるしかなかった。夫が死に、ジェイミーの墓に思いを告げるために戻って来たら、ジェイミーが生きていた!」と話すが、ジェニーは「ほんとうの事を話しているようだけれど、まだ何かを隠しているわ。あなたを信じていいのかまだ迷っている。元には戻れない」と答える。

 

リアリーの逆襲

リアリーは2人の男と結婚したものの、幸せになれなかった。そしてジェイミーとも温かな家庭を築けず別居生活が続いていた。
ふたりの娘はリアリーの連れ子(マーサリ、ジョーン)。

ジェイミーは、長い牢獄生活を送り、その後イングランドの屋敷で仕えたあと、やっと故郷へ戻れたのだけれど、故郷はジェイミーを癒やすどころか、安らげず孤独を感じる毎日だったと言う。
そんな時、大晦日の宴で可愛い姉妹に出会い、心が和んだと言う。それがリアリーの娘たちだった。
夫のいない女、父親のいない子どもたち、何もない自分が彼女たちと生活することで、空虚感が埋まるのでは?と考え、ジェニーの勧めもあり結婚。しかし、子どもたちとの関係は築けても、リアリーとは上手くいかず、別居することになり、結果ジェイミーはエディンバラで仕事をしていたと言う。

そんな状況でもクレアだけは許せないリアリー。

翌朝、ラリーブロッホを出ようとするクレアを止めるジェイミー。
クレアは戻って来たことを後悔している。真実だけを話すと言ったのはジェイミーだったと言い、去ろうとする。
ジェイミーはクレアに「俺が愛したのはただ一人、クレアだけだ」と言った時、リアリーが銃を持って現れる。

リアリーは、私たちの前から消えろと言い、問題があってもジェイミーと自分は夫婦だと言いながら銃を撃ってしまう。
撃たれたのはクレアを庇ったジェイミー。

クレアは持ってきた手術道具とペニシリンを使ってジェイミーを治療する。
弾を身体から取り出し、ケガは回復へ向かう。

その後、弁護士のネッドの再会を果たすクレア。
ネッド曰く、リアリーは判事に「精神的苦痛と扶養の喪失」で申し立てしており、離婚するには20ポンドと、毎年10ポンドの養育費が必要だとわかる。

 

クレアとジェニーの雪解け

ジェニーは、イアンから「ジェイミーの幸せを願っているのに、今、波風を立てているのはジェニーだけだ」言われてしまう。

結局、リアリーは銃でジェイミーを撃ってしまう事件が起きてしまった。

ジェニーはクレアの出身地も家族も知らない。クレアが何者なのかもわからないと言うが、クレアは「ジェイミーを愛していること、ここラリーブロッホを愛していることだけは真実」と言い、もう1度受け入れて欲しいと言う。

財宝を手に入れるために島へ

ジェイミーは離婚に必要な金額を手に入れるため、シルキー・アイランドにあるマッケンジーの財宝を手に入れ、フランスに渡って換金すると言い、ヤング・イアンを同行させたいと話す。ジェニー夫婦は承諾する。

その後、3人はシルキー・アイランドの対岸に。
海を泳いで渡るイアン。
財宝を見つけたと合図を送ってきた、そのとき、シルキー・アイランドに大型帆船が現れる。
帆船からボートで島に上陸した何者かに財宝ごとヤング・イアンは拉致されてしまう。
呆然とも見つめるジェイミーとクレア

お姉さん夫婦の大切な息子イアンをまたまた危険な目に遭わせてしまったジェイミー。
帆船は誰のもので、イアンは何者に拉致されたんでしょう。
マッケンジーの財宝はどうなる?

-海外ドラマ, アウトランダー

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.