科学捜査班 海外ドラマ CSI シリーズ

CSI:科学捜査班 ファイナル(season15)全18話

投稿日:2016-02-06 更新日:

科学捜査班、マイアミ、NYと3つで展開されてきたCSIシリーズも、ラスベガスを舞台にした科学捜査班シーズン15のファイナルシーズンをもって、全シリーズ終わりました~!
そして私も無事視聴コンプリート(笑)
※ほんとは、「最終章:終わらない街ラスベガス」があるんですが、見落としてたままです(残念)

81a8uiqk35l-_sl1490_ずっと見続けているドラマシリーズは、知らない間にキャストが知り合いのような感覚に。
ニックはシーズン1からいるメンバーだし、ラボ勤務だったグレッグが、CSI捜査官を希望し、見習いから正式なメンバーになるまでを観てきたし、ウォリックが殉職したのも、キャサリンがCSIを去ったのも、グリッソムとサラの関係も・・・とにかくずっと観てきたファンとしては(あぁ~ファイナルなんだねぇ)と言う心境です。
とにかくシーズン1の科学捜査方法は、今、観れば笑えるほど古典的な方法で捜査してて笑えるほどです。
シーズン1の放送はアメリカで2000年。実に15年間も放送が続いた証ですね。

ファイナルであるシーズン15は、ラッセル主任とフィンがシアトル時代から関わってきた「ギグ・ハーバー事件」をベースに展開されました。
正直、ラストエピソードの#18は、呆気ない終わりで「え!?」感は否めませんが・・。
ニックは、サンディエゴのCSIへ主任として赴任することに決まりました。昇進ですね。
カレの優しさ、ひたむきさを知っているので、これは良いニュースでした。ラスベガスを去るのは淋しいけれど。

CSIは全シリーズを通して、CSI捜査官同士、ラボメンバー同士の揉め事をエピソードにすることなく、素晴らしいチームワークと信頼で確実に科学捜査していくところが私は好きでした。
複雑な人間関係や、足の引っ張り合いをクローズアップするドラマもありますが、私は苦手なので。

これでグランドフィナーレですね。

-科学捜査班, 海外ドラマ, CSI シリーズ

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.