スニーキー・ピート 海外ドラマ

スニーキー・ピート season 1 #7 バーンハート中尉

投稿日:

いよいよ残り3話。
こうなってくると急に次のエピソードを観るのが惜しくなるし、なんか淋しくなるー!

今や話しは三つ巴、いや六つ巴の展開になってます。

  1. ヴィンスに10万$の返却期限が迫っているピート。弟エディは、人質状態。マリウスを執拗に追う元刑事のウィンズローの話。
  2. チャーリーを殺された復讐をヴィンスにしようとしているマリウスの詐欺メンバーが動き出している話。
  3. ピート・マーフィーを名乗ってバーンハート家の孫として生活をはじめたが、いとこのカーリーに疑われ身元がバレてしまった話。
  4. 元娘ムコ、ランスの投資話に乗り、客(チェイトン・ドッカリー)の保釈金に手をつけてしまったオードリー。お金が回収できなくなり途方に暮れる。娘ジュリアはランスと寄りを戻す雰囲気になっている話。
  5. ドッカリーの保釈金を渡す期日が2日後に迫り、15万ドルを工面しようとひとりで動くオットーの話。
  6. 泥酔して勘違いから少年にケガを負わせてしまい謹慎処分中の警官テイラーの話。

すごいなぁと思うのは、これだけのエピソードが1時間でしっかり描かれていること。秀逸のプロットですね~。

今回のエピソードも見応え十分でした‼

#7  バーンハート中尉

  • 帰宅したピートを待っていた祖父母は、強盗犯のピートが掲載された記事を見せ、「おまえは犯罪者で刑務所に入っていたのか?」と問いただした。ピートはそれを認める。
  • ピートは、捕まったのは悪党から逃げきるためであり、悪党には偽名の”マリウス・ジョシポビック”と名乗っていたから、この家のことは悪党にはバレないと説明。家族を助けるためにここにいると言うが、オットーの怒りは収まらない。
  • ピートは、オードリー(祖母)から投資話しを詳しく聞き、それは”スペインの囚人”と言われる詐欺に引っかかったんだと言う。
    詳細を聞いたオットーは、「あと2日でドッカリーがお金を取りに来るんだぞ!」と言い、事務所へ行くと言い出かける。
  • ランスの詐欺の手口は、都市計画委員の彼氏がいるヴィクトリアを紹介。郊外の不動産が高騰すると言い、投資させる。最初は儲けを出させ、相手がその気になってきたら大きな投資話しをふっかける。オードリーは、最終的に17万5千ドル投資してしまった(ドッカリーの保釈金と担保品を質屋に入れた)。
    ピート曰く、このあとランスは、「ヴィクトリアが消えてお金は戻らないと言うだろう」と言い、途方に暮れるオードリーに「お金を取り戻そう」と声をかけた。
  • 事務所で呆然とするオットーの前にチェイトン・ドッカリーが尋ねてきた。チェイトンは、逃亡を勧めたオットーの態度を怪しんでおり、月曜日には保釈金を取りに来る!と宣言して帰った。
  • ヴィンスはエディの鮮やかなカードさばきを見て、感心する。エディはマッカジーにイカサマを仕掛けることもできると言うが、ヴィンスはイカサマはしない。マッカジーのイカサマを見抜けば良いと言う。
  • カロリーナは、ヴィンスの前でケータイが鳴るようにセットしておき、マッカジーから電話がかかったと言う。電話の内容を聞くヴィンスに「ランチを誘われたけれど、断ったの。それから日曜日にここへ来ることは出来なくなったらしいわ」と伝えた。それを聴き、日曜にマッカジーのイカサマを暴くつもりのヴィンスはイラつき、「ランチへ行って色仕掛けでも良いから日曜日にここへ来るように仕向けろ」と指示する。
  • カロリーナはマッカジーとランチするためレストランへ。そのランチはカロリーナから誘ったものだった。「ヴィンスのことが嫌いなの?」と聞くとマッカジーは、「ヴィンスが私を嫌っている。顔とお金に嫉妬かな?今はカレを悩ますのが楽しい」と言い、日曜に賭博場へ行く約束をする。
  • カロリーナが化粧室に立った時、マッカジーの身体にぶつかってくる人物が(ポーター?盗みをしたのか?)
  • ピートはマージェリーに電話をし、カーリーが「ピート・マーフィー」の犯罪歴調べ、祖父母にバラしたこと。警官のテイラーも既に知っているかも知れないこと。警察webで犯罪者検索されたら偽物だとバレてしまうと相談。マージェリーは、ポーターと話しするべきだとアドバイスする
  • 老人ホームで手品を披露する年老いたマジシャンは、少しボケているようで、手品の次のネタが中々出てこないことも。ショーを終えてバス停留所のベンチで座って待っている年老いたマジシャンに声をかけるマリウス。この男こそマリウスの師匠ポーター。しかし、ポーターはマリウスのことがわからないらしい。「いろんなことが大変で・・」と言うポーターに、マリウスは20ドルを渡し別れた。
  • ポーターはバスを下車。背中を丸め、大きなバッグを引きずりながら歩いている・・・かと思ったら背筋を伸ばし、さっさと歩き出し、高級車のトランクにカバンを入れて走り去る。
  • ポーターは自宅で、勝利品のローレックスを眺めていると、目の前にマリウスが現れる。マリウスは、ポーターがボケ老人のフリをしていたことを分かっており、名刺を盗んで自宅を突き止めたのだった。
  • マリウスはポーターに「ハッカーを紹介して欲しい」と頼むが、「おまえには2度と手を貸さない。大切な友人チャーリーが死んだのはおまえのせいだ。責任を取れ!」と怒りをぶちまける。マリウスは、「チャーリーを殺した男に復讐するためにハメる。タークを仕掛けるんだ。そのために手を貸して欲しい。マージェリーもジョセフも協力している」と頼む。
  • ポーターは、ハッカーに頼んだが、ピーターの受刑者番号が変わっており、今の番号がわからないとデータの改ざんができないと言う。
  • ピーターは刑務所まで行き、本物のピーター・マーフィーと面会。ピーターの思い出話を散々聴き、暖かな防寒具を送ると言い、受刑者番号を聞き出す。
  • オードリーはランスから電話をもらい会いに行く。
    ランスはオードリーに「ヴィクトリアが失踪してしまった。彼女の家にあったのはこれだけ」とチラシを見せ、「ボクも騙されました」と伝え、お金は戻らないと話す。
  • 事務所に帰ったオードリーはイラついており、ジュリアに当たってしまう。
  • 当たられたジュリアは、ランスのところへ行き、「クルーザーを買って今すぐここから連れ出して欲しい」と言う。
  • テイラーは謹慎処分中だが状況はマズイかった。自分に有利な証拠を集めるために、バーの前の酒屋で防犯ビデオテープが欲しいと頼むが、店員は「オレの友だちのエイヴォンがお前を訴えている。ビデオは絶対渡さない」と言う。そこでテイラーはシャノンに頼み、裏から手を回してビデオを手に入れる。
  • ビデオをチェックしたテイラーは驚く。ビデオにはピートがタイヤをパンクさせる瞬間がしっかり映っていた。
  • ケイトと夫のブレンドンは娘アマンダを学校へ迎えに行くが、すでに男と一緒に帰ったと学校に言われる。慌てて帰宅するとアマンダとウィンズローがいた。ウィンズローは、「マリウスのところまで連れて行けば良い。それだけのことだ」と脅す。
    ケイトはマリウスが「ピート・マフィー」と名乗ってること、保釈金立替事務所で仕事をしていることを話し、バーンハート家まで連れて行った。
  • バーンハート家を訪ねたウィンズロー。家にいたのはカーリー。ウィンズローは、ピートに会いに来たと言うが、ウィンズローに胡散臭さを感じたカーリーは、訪ねてきた要件を聴く。「ピートの知り合いのマリウス・ジョシポビックについて聞きたい」と言うので、カーリーは機転を利かせ、折り返しピートに電話をさせると言い名刺を受け取る。
  • カーリーはピートに電話をし、ウィンズローが来たこと、一緒にいたのは警官には見えない女の人だったことを伝えた。
  • ピートはウィンズローに電話。ケイトの家に行くからケイトと家族が無事なら素直に従うと言う
  • ケイトの自宅で顔を合わせたウィンズロー、マリウス、ケイト、ブレンドン(ケイトの夫)。ウィンズローがマリウスを連れていこうとすると、ブレンドンは、「マリウスに言いたいことがある!」とマリウスの行動で迷惑したと言い、アマンダが危険にさらされたんだ!つかみかかってきた・・・と思ったら、ブランドンはウィンズローを羽交い締めにし、気を失わせてしまう。
    倒れたウィンズローにパニックになるケイトとブレンドン。マリウスは、自分に考えがある任せろと言う。
  • カーリーは、警察署へ行き、兄を待つ間、宿題の調べものをしたいからパソコンを借りたいと言う。渋々許されたカーリーは、勝手に警察のデータサイトに入り、「ピート・マフィー」を検索。出て来たのはピートになりすましたマリウスの顔写真だった。しかし犯罪歴は射撃場で強盗未遂に。
    一方、「マリウス・ジョシポビック」で検索すると顔写真は本物のピートであり、犯罪歴が銀行強盗未遂になっていた。カーリーは引っかかりを感じた。
  • 夜、カーリーの部屋を訪れたピートは、「この間、11才の誕生日の話しは君に合わせたけれど、実は違ったんだ」と、刑務所でピートから仕入れたネタを話す。カーリーは、ピートのことを信じ始める。
  • オットーは友人のモーのところへ行き、「手を汚すヤツを探している」と頼む。互いに兵士であり、中尉だったオットーを尊敬しているモーは、ただなら無雰囲気を感じサムを呼ぶ。サムは、オットーに「ドッカリーを殺してはダメだ」と忠告するが、オットーは、モーに「早く手配しろ」と気持ちを変える気がない。
  • モーの店に、殺し屋がやってくる。「誰をやるんだ?」と言う殺し屋に「目の前の男だ」と言うオットー。

 

わかったこと、気になること、次エピソードは・・?

マリウスの詐欺の師匠はインパクトのある登場っぷりでした。
そして、1話目からずっと出て来たキーワード「タークを成功させる」が詐欺と関連する言葉だとわかりました。
かなり難しいテクニックのようですが、ヴィンスに使うつもりのようですね。
マリウスの詐欺仲間は、チャーリーを殺された復讐をする気満々です。

驚いたのはウィンズローのエピソード。
気絶してるだけ?死んじゃいないですよね?
ピートは考えがあるようですが、ウィンズローのことをどうする気かな?
エディとの交渉に使うのか、タークに利用するのか?気になるところです。

ランスはオードリーをハメてたなんて、最低の男でしたね。
娘ムコから騙されるなんて、最悪です。
ピートはバーンハート家を助けると言う態度ですが、詐欺をするつもりですよね?
優しいのか、非道なのかピートの行動も興味を引きます。

そしてオットーも、男ですよね~。
自分の死を持って解決する気のようですが・・・それで済まされるワケがなく。
あと2日で15万ドルなんて出来るのかな?

ピートがクルマのタイヤをパンクさせた映像を見てしまったテイラー。
子どもっぽいテイラーが、このややこしい状況に加わってきそうな予感です。

-スニーキー・ピート, 海外ドラマ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.