海外ドラマ ウォーキング・デッド

ウォーキング・デッド season 6 #9 決死の一夜

投稿日:2016-02-16 更新日:

待ちに待ったシーズン6の後半がスタート何をおいても今日は、コレだけは観たかった イヤ~、相変わらず、(そーくる?)と言う予想外な展開になるんで引き込まれます
後半スタートでこの勢い!これからどうなってくんでしょ?
この先、感想は完全ネタバレです まだ見ていない方は、前知識なしで観ることが絶対にオススメです (#8「雪崩」のあらすじはココ

#9 エピソード

ニーガンの仲間だという男たちに行く手を阻まれたダリル、エイブラハム、サシャは武器を取り上げられ死を宣告される。町ではリックたちがウォーカーの内臓を身にまとい武器庫へと向かっていたが、あまりのウォーカーの多さに作戦変更を余儀なくされる。採石場に向かうことにしジュディスとサムを置いていこうとするが、サムが一緒に行くと言い出す。グレンとイーニッドは町に入り監視台に取り残されたマギーの救出を試みる


 

まずは、アレクサンドリアの町の外にいる「ダリル、サシャ、エイブラハム」の3人。
給油トラックを見つけたダリルは3人でアレクサンドリアの町へ戻る道中、バイクの集団に足止めされ、銃を奪われる。バイク野郎の集団は、銃を奪うだけでは終わらず、結局全てを奪い、彼らの命も奪おう銃を向けたところで、バイク野郎の集団の真ん中に爆弾が落ち、彼らは木っ端みじんになる。なんと、それはダリルのぶっ放したランチャー銃の威力だった。 なんとか、危機を脱した3人は、給油トラックで町へ向かう。

アレクサンドリアの町。
塔が崩壊したため、多量のウォーカーが町に侵入。移動することもできないほどのウォーカーの数に。 しかし、カールとジェシーの息子ロンがもめ、ドアが壊れ、家の中にまでウォーカーが侵入してしまい、移動せざるを得なくなったリック、カールとジュディス(赤ちゃん)、ジェシーと息子:ロンとサム、ミショーン、ゲイブリエル(牧師)は、ウォーカーの内蔵を塗りつけたシーツを全員がかぶり、ウォーカーの中を武器庫まで移動しようとする。 しかし、想像以上のウォーカーの数に作戦を変更。採石場へ行き、クルマでウォーカーを外へ誘導することに。ジュディス(赤ちゃん)はゲイブリエル責任を持って教会で守ると約束。サムもゲイブリエルと待っててとジェシーが諭すがサムは離れたくないと言い張る。しかし、これが最悪の結果へと導くことに。 あまりのウォーカーの形相にサムは耐えれず、冷静さを失い、結果ウォーカーに噛みつかれてしまう。ジェシーはサムが襲われたのを見て叫び声をあげ彼女もウォーカーの餌食に。 そのジェシーと手を握っていたカール。ジェシーの手がカールから離れないのを見て、リックはジェシーの手を斧で切り落とす。 それを見たジェシーの息子ロン(長男)は、父親に続き、母親までもとリックに銃口を向け、撃つ。 すぐさまミショーンがロンを斬り殺し、事なきを得たかのように見えたが、ロンの撃った弾はカールの右目を貫いていた。 リックはカールを抱きかかえ、ミショーンの援護を受けつつ診療所へと走り込む。 リックはカールが撃たれたことでまたも正気を失い、ミショーンが止めるのも聞かずひとりでウォーカーの中へ挑んでいく。
ミショーンはリックと共にウォーカーと戦う。 それを見ていた町の住人も戦うと覚悟を決め、ウォーカーに中へと次々戦いに入り始める。

グレンとイーニッドは、作戦をたて、監視台の上で取り残されたマギーを助けに向かう。しかし、グレンがウォーカーに囲まれ危険な状況に。それを助けたのは町に帰り着いたダリル、エイブラハム、サシャだった。 ダリルはウォーカーを導き、ガソリンで彼らを焼き殺す。 と言う展開。 カールは右目を失うも、一命は取り留めた?様子 医学的にあり得ない気がするけど、カールの成長を見てきた私としては、それでも生きてて欲しい。 それはグレンとマギーカップルにも思うこと。今回もグレンが危なかったけど、生きてて良かった!

シーズン6スタートから、いくつものグループの話に分かれてたけれど、ここで1つにまとまりました。 リックは、住民の気持ちに変化が起きたことを感じとり、カールに新しい世界を自分が作り、それを見せたいと強く願います。 この感じだと、リックがアレクサンドリアの町の立て直しをするのだろうと思いますが・・・ ダリルが一度は倒したニーガンをリーダーとする集団との戦いが起こりそうな気がします。

-海外ドラマ, ウォーキング・デッド

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.