ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

50/50

投稿日:2015-08-01 更新日:

2011年 / 米

監督:ジョナサン・レビン

CAST:
ジョセフ・ゴードン=レビット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック
ブライス・ダラス・ハワード、グリーン・ホーネット

<STORY>

酒もたばこもやらない“普通”の青年アダムに突然告げられた病気は“ガン”だった。27歳という若さで、5年生存率50%のまさかの余命宣告。その日から、アダムの生活環境は一変。よそよそしい会社の同僚たち、看病の重圧に負けそうな恋人、同居を迫る世話焼きの母親…。病気のアダムに気遣って誰も今までどおりに接してくれない中、女好きの親友カイルだけは、今までと変わらない。カイルと一緒に病気を“ネタ”にナンパしたり、新米セラピストのキャサリンと手探りのカウンセリングを通して、“ガン”の日々を笑い飛ばそうとするアダム。しかし刻一刻と進行する病魔に、やがてアダムは平穏を装うことができなくなっていく

<感想> 評価 ★3
また内容を全く知らないまま鑑賞しました。
ジョセフ・ゴードン=レビット目当てでレンタルしたため、まさかの闘病モノとは(^^;)
だけど、良い映画でしたね、コレ。
私、苦手なんです。ガンになり、自暴自棄の毎日の中で、素敵なカレ(彼女)と出会い恋愛し、そして感謝を言いながら亡くなる的なストーリー・・・・好きじゃないの。
この映画はジョセフ演じるアダムが、思いも余ならい予後の悪いガンだと診断され、治療をすることになるが、生存率は50/50だと宣告。不安が消えないアダムは、悪友?のカイルに事実を打ち明ける。その時にカイルが言った一言が良い!「治る確率が50%?カジノの勝率なら最高だゾ」と。それで気持ちが少し軽くなるアダムがいたりする。
母親は、アルツハイマー病で自分のことも周りのこともわからなくなった父親の介護をしている。そして息子のガン発症。
アダムがウザがる気持ちもわかるが、母親である私からすれば、どれだけお母さんは心配だっただろうかって考えてしまいましたが。
闘病ものですが、とても患者の現実とか感情の描き方にリアリティーがあるなぁと思っていたら、元ガン患者だったウィル・ライザーが脚本の映画化だったようです。なるほど。
この映画を観て、もしも私の周りでアダムのような状況になったひとがいたとしたら、アダムのそばにガン宣告されたあとも、変わらずにそばにいた、カイルのようになれたらいいなと思った作品でした。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.