シリーズもの 映画評 ミステリー、サスペンス、ホラー

PSYCHO 3 *サイコ3 怨霊の囁き*

投稿日:2015-01-19 更新日:

20150119_10658471986年 / 米

監督:アンソニー・パーキンス

CAST:
アンソニー・パーキンス、ダイアナ・スカーウッド
ジェフ・フェイヒー、ヒュー・ギリン、ジャネット・リー
<STORY>
ノーマンは荒れたベイツ・モーテルを改修し、営業を再開した。そんなある時、彼はダイナーで出会った女性に衝撃を受ける。彼女は、惨劇の発端となった被害者、マリオンによく似ていたのだ。元シスターというその女性モリーンは、彼と同様、つらい過去に苦悩していた。ノーマンは彼女に共感を覚え、やがてそれは愛情へと変わっていく。そんな折、彼の前に精神障害者の社会復帰を取材するジャーナリストのトレーシーが現われ……

<感想> 評価 ★2.5
サイコのノーマンを演じてきたアンソニー・パーキンスが監督の第3弾。
もう「2」の終わりで新しいママミイラが登場したので、展開は読めてしまいます。なので、気味悪さや疑問を抱くこともなくお話は進んでしまうワケです。
ん~、連続ものってこんなモンですね。
ただ、最後にノーマンは愛したモリーンを殺した母親に怒りを向け剥製のママを滅多刺しにし、警察に連行されます。ナゼだかノーマンのことを信じていた保安官が「ノーマン、おまえを信じていたのに」とカレに投げかけた時、「これで僕は自由になれた」と気味悪い笑顔を向けるところで終わります。これがせめてもの救いと私は思いました。
ずっとノーマンを演じ続けてきたアンソニー・パーキンスもこれでノーマンから解放されたって意味だったのかも知れませんね。

-シリーズもの, 映画評, ミステリー、サスペンス、ホラー

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.