シリーズもの アクション(ギャング・バイオレンス・戦争) 映画評

TERMINATOR 2 JUDGMENT DAY *ターミネーター2 T2*

投稿日:2001-02-09 更新日:

1993年/米

監督 :ジェームズ・キャメロン

CAST:
アーノルド・シュワルツネッガー、
ウィリアム・ウッシャールトン、エドワード・ファーロング、
ロバート・パトリック、リンダ・ハミルトン

<STORY>
核戦争後の西暦2029年、地球では機械軍と人類の抵抗軍が戦っていた。人類の指導者ジョン・コナーの母親暗殺に失敗した「スカイネット」は、10年後の世界に新型ターミネーター・T-1000を送り込み、少年時代のコナーを抹殺しようとする。

<感想> 評価 ★4
前作のン十倍の制作費をかけて悪人から正義の味方にキャラチェンジしたシュワちゃんの「ターミネーター2」。
少年ジョンと関わる間に感情を持っていく旧型T-800をシュワちゃんらしく演じている娯楽大作の1作品。
新型T-1000は液体金属で出来ていて何度も再生できる驚異のメカ。撃っても撃っても倒せない上に、人の姿に化ける恐ろしさ。それをラストで力づくではなく頭を使い倒すあたり、憎いねと言う感じ。
機械ゆえに感情のない旧型ターミネーターがジョンとサラの間に芽生える友情が単なるSFバイオレンスものとの違いかもしれない。

-シリーズもの, アクション(ギャング・バイオレンス・戦争), 映画評

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.