映画評 アニメ、アメコミ

BOLT *ボルト*

投稿日:2010-04-13 更新日:

20100413_15420922008年/アメリカ

配給:ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ

<STORY>
ボルトは大好きな少女ペニーのためならたとえ火の中水の中、スーパー・パワーで駆けつけるスーパー・ドッグ。ただし、それはTVドラマの中のこと。ところが、ボルトはすべてを現実だと信じ切っていた。高視聴率を叩き出す迫真の演技を引き出すために、撮影スタジオの外に現実の世界があることを教えられずに育ったのだ。ある日、ハプニングで外の世界に飛び出してしまったボルトは否応なく真実を突きつけられるのだった。

<感想> 評価 ★4
娘のリクエストでブルーレイ鑑賞。とても楽しめました。
子供向け作品でもあるので、予備知識なしで見る方がより楽しむことができると思います。
我が家にも愛犬そらがいるので、ワンちゃん作品はたまりません!
ボルトのしぐさのひとつひとつがリアルでワンちゃんそのものの動き。
その上、ペニーがボルトを愛する気持ちもわかるし、ボルトがペニーを守りたいと言う気持ちも伝わって、愛しくて、うれしくて、切なくて哀しくて。
感動しまくって号泣と言うDisny作品の思うツボ状態と化した私です。
子供と安心して見れる良質の作品です。
映画館では3D放映もされていた作品だったそうです。3Dで見れば冒頭のシーンは迫力満点だったろーなと思います。
今回はブルーレイ鑑賞しましたが、見れる環境にあるならぜひブルーレイでみてもらいたいです。
ボルトの毛並み、ツヤツヤのふわふわです。ハムスターくんの入ってる透明の球体もほんとうに美しい。映像にも感動できます。

-映画評, アニメ、アメコミ

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.