ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

CRAZY HEART *クレイジー・ハート*

投稿日:2010-12-05 更新日:

20101205_18863562009年/米

監督:スコット・クーパー

CAST:
ジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール、
コリン・ファレル

<STORY>
カントリーミュージシャンで一世を風靡したものの、57歳になってすっかり落ちぶれたバッド・ブレイク。自分の弟子だったトミーがアメリカのトップ歌手として人気を博す一方、孤独で酒に逃げる日々を送っていた。そんなある日、演奏をしたサンタフェの町でシングルマザーの記者ジーン出会う。

<感想> 評価 ★3.5
何よりも驚いたのは、主人公のカントリーミュージシャン”バッド・ブレイク”は架空の人物であり、そのバッドを演じたジェフ・ブリッジズは俳優であってシンガーではないと言う事実。いやぁ~てつきり実在するカントリー歌手の自伝的映画をご本人が演じているんだと思い込んでいました。それぐらいジェフは「本人そのままやん!」と言いたくなるほどナチュラルにバッド・ブレイクを演じています。(モチロンバッドは架空に人物ですけどね)
Storyは劇的な展開をする作品ではなく、淡々と、でも温かななぬくもりや痛いほどの孤独を感じさせる作品でした。オトナの映画と言えます。
男の人はこの作品を好きだと言う人が多いのではないかな。私は女性目線で見てしまいましたが、過去の栄光しかなくて、57歳のアル中おじさんでも、あの声と雰囲気でストレートに愛を伝えられたらジーニーのようにカレに惹かれてしまうだろうなぁと思うぐらいジェフ演じるバッドは魅力的です。
この映画の肝は、ジェフ・ブリッジズ。カレが空気を作り、カレの魅力で魅せた作品のように思います。そしてマギー・ギレンホール。彼女は特別美人でもないけれど、いつも魅力的だなと映画を見ているうちに思います。彼女の魅力があればこそとも思いました。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.