映画評 実話、史実、ドキュメント

CADILLAC RECORD *キャデラック・レコード*

投稿日:2010-12-29 更新日:

20110104_19206342008年/米

監督:ダーネル・マーティン

CAST:
ジェフリー・ライト、エイドリアン・ブロディ、
ビヨンセ・ノウルズ、モス・デフ

<STORY> 
1941年、シカゴ。レイは、廃品業者を辞め、客に酒をだしながら、毎晩ライブを聞かせるクラブを経営しはじめる。一方、農村でくらしていたマディは自分にある歌う才能に気づき、歌手を目指しシカゴへやってくる。ある日マコンバのライブに、ギタリストのマディとハーモニカのリトルが飛び入りし騒ぎになる。一度はクラブを追い出したレイだったが、彼らの才能に惚れ、レコーディングの話を持ち掛ける。そうして収録した曲が大ヒット。それを期にレイはスタジオを構え、ブルース・レーベル"チェス・レコード"を立ち上げる。

<感想> 評価 ★3
音楽でアメリカを変えた人々の物語と言う副題がついています。
この映画に出てくる未完のミュージシャン、マディ・ウォーターズやチャック・ベリーはブルースに詳しくない私でも聞いたことがあるほどの有名人です。その彼らをこの世に売り出したのはレイであり、チェス・レコードだったんですね。
映画ではレイとマディを中心にブルースベースの音楽が満載です。この時代のアメリカの音楽を題材にした作品を見ると、必ず白人と黒人とが共存していなかったところから、白人が彼らの音楽に魅せられている部分を描いています。この作品も大ヒットしたのは白人が彼らのブルースに魅せられたから。貧しい農村の青年が富と名声を手に入れ成功を納めたり、麻薬等に手を出して転落していったりします。
アメリカの時代と音楽を味わえる作品です。

-映画評, 実話、史実、ドキュメント

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.