映画評 コメディ、ラブコメ

A LOT LIKE LOVE *最後に恋に勝つルール*

投稿日:2012-03-18 更新日:

20120318_25840042005年/米

監督:ナイジェル・コール

CAST:
アシュトン・カッチャー、アマンダ・ピート

<STORY>
L.A.からN.Y.へ向う飛行機で出会い、すぐに意気投合したオリバーとエミリー。しかし2人はニューヨークに着くと次に会う約束もしないまま別れてしまう。それから7年もの間に何度かお互いに、ふと急に会いに行ったり来られたりしながら、友達以上に発展することはなくすれ違いの関係を続ける2人だった。

<感想> 評価 ★3.5
観てからかなり時間が経ってしまいました。
この作品、好きです。
恋愛映画の王道でだけど、ハッピーエンドだから楽しんで観られます。
1番好きなシーンは、アシュトン演じるオリヴァーが、やっとエミリーの大切さに気づき、ギターでBON JOVIの「I'll be there for you」を弾きながら気持ちを伝えるシーン。
「ベガスの恋に勝つルール」なんかよりこっちの方が断然いいのに、日本未公開作品でした。ひとこと言わせてもらうなら、邦題がやっぱりイケてません。
原題の「A LOT LIKE LOVE」(愛のようなもの)の方がこの作品の内容とあっているのに。アシュトンの「ベガスの恋に勝つルール」と合わせたんだろうけど、ソレ失敗ですよって言いたいです。
アシュトンがキライじゃなく、ラブストーリーが観たいなと言うなら、コレお勧めです。




 

-映画評, コメディ、ラブコメ

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.