劇団四季 観劇記

CATS 大阪四季劇場 ★初

投稿日:2016-08-06 更新日:

待ちに待った「CATS」観劇の日 5ヶ月ぶりの四季観劇は、待ち焦がれていた「CATS」でございます。
大阪四季劇場のある「ハービスENT」は、 ”ライオン”から”猫”にすっかり様変わりしていました。

cat1-2

 1F ハービスエント入り口にあるモニュメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 丸で囲まれたネコちゃんの足跡を踏むと・・・

いろんな ”ニヤァ~”と鳴きます

 

 

 

 

 

 

 

さぁ~、いよいよ初キャッツ観劇です

cats-great

「CATS」最高でした
もうそれ以外の表現がないぐらい、心から楽しみました。
1回の観劇じゃ足りな~い 基本、(遠征はしない!)と決めているので、13年前の大阪公演を逃している私としては、 四季作品の中で唯一観ていない演目が「CATS」でした。
こんなに素晴らしい「CATS」をどうして今まで観なかったのだろうかという後悔しています。
でも今は、それを上回る、恋い焦がれたものに出会えたことに、興奮冷めやらないキモチ。

「CATSってどんなstoryなの?」と聴かれることが多いですが、「コーラスライン」のような24匹の猫が主人公です。それぞれ個性的な猫たちを歌やダンスで表現していきます。
この24匹の猫たちを「ジュエリクルキャット」と呼び、今宵は年に1度の舞踏会の日。この日、長老猫=オールドデュトロノミーが天上に昇り、新しい命を得ることができる一匹を選ぶ大切な日。私たちは、猫たちにとって大切なその日を観るstoryです。

そもそも金森勝さんや阿久津陽一郎さん、福井晶一さんが演じていたセクシー猫「ラン・タム・タガー」のことは興味があって注目していましたが、「マンカストラップ」も凜々しい猫でしたし、マジック猫の「ミストフェリーズ」が素晴らしかったです。 「ミストフェリーズ」は、加藤敬二さんのハマリ役。最近では、松島勇気さんが演じていたイメージ。 今回の大阪は、一色龍次郎さんでしたが、20回転以上するバレエの回転シーンは、ブレひとつなく素晴しかったです。

とにかく舞台の上をところ狭しと猫が駆け回ります。それだけじゃなく、観客席にも降りてきて、甘えてみたり、睨んでみたり、時には歌いながら語りかけてきたりもするんです。会場全体を舞台としている演出が見ている観客の心をつかみます。

四季のダンスは素晴らしいですね。 一体感があり、疾走感を感じるクオリティーの高いダンス。 素晴らしい歌声。出演してる24匹全部のクオリティーが高いことに感心します。 CATSと言えば、「メモリー」が1番有名な曲ですが、2幕の「メモリー」では、もう堪えきれなくて泣いてしまいました。 私のお隣からも鼻をすする音が・・ 歌声で感動させるなんて、あぁ本当に素晴らしいの一言です。
すぐにでももう1度みたい 今はその気持ちでいっぱいです。 それなのに、チケットは3月末まで完売 ・・・
私、しくじったんです2度目の先行発売の日を逃してしまいました。
完全に「CATS」に恋したので、しばらくはリピート観劇を楽しもうと思います。
次の先行は、絶対に取るぞ-!

本日のキャスト 2016/08/05

グリザベラ木村智秋オールドデュトロノミー山田充人
ジェリーロラム=グリドルボーン奥平光紀バストファージョーンズ

アスパラガス=グロールタイガー
飯田洋輔
ジェニエニドッツ安宅小百合マンカストラップ加藤 迪
ランペルティーザ三平果歩ラン・タム・タガー西尾建治
ディミータ松山育恵ミストフェリーズ一色龍次郎
ボンバルリーナ金 友美マンゴージェリー斎藤洋一郎
シラバブ黒柳安奈スキンブルシャンクスカイサータティク
タントミール間辺朋美コリコパット押田 柊
ジェミマ円野つくしカーパケッティ齊藤太一
ヴィクトリア杉野早季ギルバート玉井晴章
カッサンドラ藤岡あやマキャヴィティ文永 傑
ランパスキャット政所和行タンブルブルータス塚下兼吾

 

-劇団四季, 観劇記

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.