劇団四季 観劇記

恋におちたシェイクスピア 京都劇場

投稿日:2018-09-21 更新日:

9/7(金)~9/30(日)まで京都劇場で上演中のストレートプレイ(芝居)を見てきました。
そうなんです!四季には珍しく、ミュージカルじゃない作品です。

やっぱり四季の舞台ですからね! セリフがハッキリ聞こえます!
それが嫌いだって言う人もいるけれど、私にとっては言葉ハッキリ聞こえることは、とても大切なことです!

6月、東京「自由劇場」で開幕した「シェイクスピア・・」は、ほぼキャストを変えず京都にお目見えでした

 

「恋におちたシェイクスピア」のあらすじ

16~17世紀。ロンドンでは上流階級の貴族たちには演劇を楽しむことが流行していた。

「カーテン座」の人気役者はバーベッジ(阿久津陽一郎)。
一方、ヘンズロウ(神保幸由)が建てた「ローズ座」は資金難で苦しんでいた。
ヘンズロウは、シェイクスピア(ウィル・上川一哉)の次の戯曲をアテにし、フェニマン(志村要)から借金をするが、大スランプ中のシェイクスピアは、全く筆が進まず苦しむ。
待てないヘンズロウは台本がないままオーディションを開催。
ウィルはそこで青年トマス・ケントに出会い、カレの才能に惚れ込む。

実はトマス・ケントは資産家の娘ヴァイオラだった。
女性が舞台に立つのを禁じられていた時代。
芝居が大好きなヴァイオラは、男装をしてオーディションを受けたのだった。

ウィルがトマスを追って着いたのはヴァイオラの屋敷だった。
ウィルは、そこで美しいヴァイオラに一目惚れする。

ヴァイオラもウィルに惹かれるが、ヴァイオラには両親が決めた許嫁ウェセックスがおり、結婚することが決まっていた。

 

演出の感想

英国調バルコニーをいろんな形に移動させるだけで、ヴァイオラの部屋、カーテン座、ローズ座を表現。
シンプルだけど洗練された舞台演出ですねー。

会場通路を役者が歩いて出て来たり、帰って行ったりと、空間を存分に使った演出も楽しかったです。

私が1番興味深かったのは、2幕の、カーテン座で「ロミオとジュリエット」を上演しているシーン。
その舞台を回すことで、舞台中と、舞台裏を表現。

 

キャストの感想

上川@ウィル
この芝居でシェイクスピアはダメ男だけど、才能がありヴァイオラも惚れてしまう魅力を感じさせるイメージ。
それを上川くんはチャーミングに情熱的に演じてて、とても良かったですね
カレの作品を何度か見ていますが、ウィルは上川くんに合っていますね。

山本紗衣@ヴァイオラ
ヴァイオラはお嬢様だけど芯があり、行動力のある女性のイメージ。
まさに私のイメージどおりのヴァイオラでした。

田邊真也さん@クリストファー・マーロウ(キット)
この役は田邊さんですよね!
スキッとしたイケメンキャラは、四季の永遠の王子さまです
もう少し若かったら・・・・イヤイヤ今でも、ウィルを演じることはできると思います。
田邊ウィルも正直みたいところです。

阿久津さん@バーベッジ
久しぶりの阿久津さん!!
お元気で何より。四季に在籍してくれてて何より。
1番思ったのがその気持ちです。
豪快なバーベッジは、熟年の域になった阿久津さんの新しい幅のようですね。

どもりの俳優役@鈴木周さん
面白かったなぁ~。
ヨシモトのノリですよね、アレ。

以前、俳優さんたちのインタビューで、悲しかったら泣いて欲しいし、面白かったら声を出して笑って欲しい。
観客には感情を見せて欲しいと舞台俳優は思ってると聞いたことがあります。
私はそれ以降、迷惑かけない程度に出すようにしてるんですけど、鈴木さんの演技には笑いました~。

男性アンサンブルに名前がある「菱山亮祐さん」。
今回はキャスト名がない役でしたけど、この舞台には大切な存在でしたね。
歌声がステキで、気がついたら4人のコーラス男子の中で、菱山さんのカウンターテノール(もはや女性のソプラノの領域の声音)に目がいってしまう。
女装してジュリエットを演じる役でしたけど、可愛らしいジュリエットでした
これからが楽しみなキャストです。

神永東吾@ネッド・アレン
ジーザス以来の神永さん。
カレ、このネッドの役は合ってると思います。
神永さんに演じて欲しいキャストがいくつか浮かびましたもん。

平田了祐@ウェブスター
怖いわ(笑)
そう言う役どころだろうな~とは思ってましたけど、平田くんって他にどんな役ができるのかしら?
かなり良い声の持ち主だったと思います

 

まとめ

上演中は、ミュージカル部分である歌、ダンスがないことを淋しいと思わないほど面白いお芝居でした。
終わってしまってから、あー歌なかったな~。ダンスもって思いましたけど。

この作品は見る回数を増やすことで、感想が変わる作品だと思います。
京都公演は残り11公演。

実はもう1枚チケットがあるんですね~
今度は違う目線で楽しんでこようと思います

恋におちたシェイクスピア

ウィリアム・シェイクスピア
(ウィル)
上川一哉ヴァイオラ・ド・レセップス
(トマス・ケント)
山本紗衣
クリストファー・マーロウ
(キット)
田邊真也バーベッジ阿久津陽一郎
ウェセックス飯村和也ヘンズロウ神保幸由
フェニマン志村 要エリザベス女王中野今日子
ティルニー星野元信乳母増山美保
ネッド・アレン神永東吾ウェブスター平田了祐
<男性アンサンブル>
川口雄二荒井 孝鈴木 周菱山亮祐
小林清孝小松貴行佐藤幸治南 圭一朗
<女性アンサンブル>
長橋礼佳原口明子

-劇団四季, 観劇記

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.