山登り

金剛山・葛木岳 1125m

投稿日:2016-02-16 更新日:

第5回屋久島練習会に参加。
またまた2ヶ月半ぶりの山登り。

今回は初の1000m越え=金剛山・葛木岳チャレンジ。

7:30 南海難波駅3F北改札集合。南海高野線にて河内長野駅まで。そこから金剛山ロープウェイバス停までバス移動

<行程>
金剛山ロープウェイ前よりスタート → 伏見峠 → 一の鳥居 → 葛木神社 → 山頂公演(ここで昼食)
下山 千早新道より金剛山登山口まで

bobbyさん提供
歩行距離 8km 、高低差 592m

 

 

 

 

 

 

真冬の金剛山は「樹氷と野鳥」で有名。
それを期待して、この日に金剛山登山を決めたのに、10日前から13,14日は2月半ばなのに暖かい空気が日本に入り込み大荒れの天気デスと言う予報エリザベス
とは言え、天気予報はハズれるモンだし・・・と6本歯アイゼンも準備手
しかしエクステンション前日の予報も大荒れの天気Docomo_kao20しかも気温は16度にもなると言う
普通なら中止もありだけど、屋久島登山を想定し、雨対策の経験になると決行を決断。
さすがに前日の予報でも「天気は荒れますエクステンション」と宣言されていたので、今回ばかりは晴れオンナの私の神通力も敵わないだろうとは思っておりましたが・・・

私の神通力は、ハンパないエクステンション

曇り、イヤイヤ頂上付近は晴れ間も見えました~矢印上

舗装された永遠の登り坂。アップダウン一切なし
一気に千メートル近くまで登ります

 

 

 

 

 

 

野鳥ヤマガラ
手に乗ってくると言う話だったのに、今回は体験できずDocomo_kao19

 

 

 

 

 

葛城山の頂上のバッチリ見える。
奈良の五條市?も見えます
樹氷など全くなし。
初春の山登りって感じ。

 

 

 

一の鳥居

 

 

 

 

 

 

葛木神社

 

 

 

 

山頂は10度。

雪はこれだけ残ってるだけ。

 

 

 

 

金剛山山頂 海抜1125m 初の千m越えkirakira2 気温10度(あたたか)

お昼はお楽しみの豚汁

 

 

 

 

 

 

 

豪快な豚肉がナゼか山頂には合う。

ビールさえ濃く感じる不思議~

 

 

 

 

 

 

ここまでは順調でした。
正直、永遠に感じる登り坂オンリーも、自分のペースを保てば、文句を言わずに登ることができるようになってます。
金剛山、千メートル級。それを登れたこともうれしかった。
しかし、問題はくだりで起るDocomo_kao20
下山は、ほぼオール階段。しかも急な下り階段が永遠に続きます。
自然道が全くなくて、全部整備されている階段状Docomo_kao20
コレが想像以上にキツい0口0
よく考えれば、登りが永遠のキツい登り坂だったんだから、下りは永遠の下りになりますわなぁ。
メンバーの皆さん、健脚なので快調に下って行くわけですが・・・
私、そのスピードについてイケナイガーンネコ
ついて行こうとすればするほどムリをする。
ムリをすると、ドンドン太ももの筋力が張ってきて、筋力が落ち出す。
そうなると階段を降りるたび、ドスンドスンという降り方になる。つまりは筋肉を使ってソフトにランディングできなくなってくる。
そうなると、膝がグラつきだす → 降りるのが怖く感じる → スピードがまた遅くなる
なんとか必死で降りたけれど、今回の足の筋肉痛はかなりのものだった。
ネットで調べると、多くの人が下りでの膝痛、膝のグラグラ感で悩んでいるようだ。
太もも(特に膝上)の筋力が弱い人、古傷で膝の靱帯を傷めているひと(私、右膝内側靱帯が伸びてます)、女性が多くなるとか。
全部当てはまる・・・・・・・
いつも履いてるサポートレギンスを履いてなかった影響もあるようだ。
大事なんだよね、やっぱり。暑さを気にせず、パンツの下に履くべきだった。
あと、サポーターも買わないとイケナイ。
それにムリな時は、リーダーに伝えてマイペースで下るべきだと思った。
迷惑かけちゃイケナイと思って、これでも精一杯頑張ったつもりだけれど、結果的に迷惑をかけているので、サポーターや筋トレはもちろんするけれど、ムリな時はマイペースで降りれるように、地図や方位磁石を持とうと思う。
結局、ムリをすると楽しくなくなる。登りは、あれだけしんどくでも楽しいなと思ったのに。
マイペースって大切だ。
ジムで筋トレは多少してるけれど、山登りは2ヶ月に1度ぐらいしかできない。
追い込むような山登りはまだムリなんだなぁと思ったのでした。
3月の予定は決まっている。
その日に合わせて予定を調整し、参加しようと思います。
準備と山の下調べ、ちゃんとしようと思います。

-山登り

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.