京都へいこう

そうだ、京都へ行こう!伏見@ほろ酔いで龍馬に触れる

投稿日:2012-12-19 更新日:

龍馬さん人気は不動ですねぇ~。
龍馬好きのメンツとお酒好きのメンツで伏見を探索してきました。

20121219_2861678まずは、京阪本線「中書島」駅で下車
駅の構内にコレが

伏見には今でも23もの蔵元があります。
東山連峰からの「伏水」と呼ばれる天然水が豊富で酒造りが盛んになったそうです。
歴史的には、平安貴族たちに愛され、豊臣秀吉の伏見城築城後は城下町として栄えた土地で、江戸時代には京と大阪を結ぶ宿場町として栄えてたとか。
町に歴史を感じる趣のある町、伏見でした。

 

 

 

 

 

 

 

20121219_2861691まず最初に行ったのはココ

「寺田屋」
中書島下車、徒歩5分、OPEN:10:00~15:40、月曜不定休
入館料:400円
TEL : 075-622-0243
1862年寺田屋騒動の舞台としても知られる船宿です。
現在でも予約すれば宿泊もできます
さすがに龍馬が襲撃にあったと言う「梅の間」宿泊はムリなようですが

 

 

 

20121219_2861690龍馬さんは、薩摩藩の紹介で京の宿として「寺田屋」を利用し、
「梅の間」を愛用されていたそうです。
そしてこの梅の間で、幕吏の急襲を受けるワケです。
慶応2年1月23日のことだそうです。

 

 

 

20121219_2861689急襲を思わせる刀痕や鉄砲の弾痕がありました
が、観光客が触るのでツルツル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20121219_2861688そして、龍馬の愛人だった「お龍さん」がお風呂に入っている時に、幕吏の急襲をいち早く察知し、
ハダカ同然で階段を駆け上がって危険を知らせたそうです。
お龍さんが入っていたお風呂がこちら。

歴史に疎い私でも、歴史ロマンにすこし哀愁を感じてしまいました寺田屋のあとは、銘酒に触れるタイム

 

 

 

 

 

20121219_2861684「黄桜カッパカントリー」OPEN:10:00~18:00、無休、入場無料
TEL:075-611-9919

カッパのCMで有名な黄桜酒造。100円で利き酒もできます

 

 

 

 

20121219_2861683次は「月桂冠大蔵記念館」OPEN:9:30~16:00受付
入場料:300円(おみやげ付)TEL : 075-623-2056

昔の酒造りを知る資料館で、酒造用具、古いポスターなどを見学できます。

 

 

 

 

20121219_2861682「利き酒される前にまず、お水を飲んでみてください」と言うので
飲んでみたら・・・超感動
口当たりがやわらかく、甘い味を感じそうなお水です。
これでお酒造りをされてるそうです。そりゃ旨いお酒ができるはず
このあと3種類のお酒の利き酒を楽しみました

 

20121219_2861762おみやげのこのお酒、販売はしていないそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

20121219_2861680最後は「鳥せい 本店」

Accsess:京阪本線伏見桃山駅 徒歩5分
TEL:075-522-5533
OPEN:火~土 11:30~23:00、日、祝 11:00~23:00
定休日:月曜日(祝日、12月を除く)

 

 

20121219_2861679古い酒蔵「神聖」の一棟を改装した店舗で風情があります
タンクからコップに注いで飲める生の原酒「神聖」はめっちゃ美味しかったです

 

 

 

 

-京都へいこう

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.