書籍評 江國香織

つめたいよるに 江國香織 著

投稿日:2010-03-04 更新日:

<あらすじ>
デュークが死んだ。わたしのデュークが死んでしまった―。
たまご料理と梨と落語が好きで、キスのうまい犬のデュークが死んだ翌日乗った電車で、わたしはハンサムな男の子に巡り合った…。
出会いと別れの不思議な一日を綴った「デューク」。
コンビニでバイトする大学生のクリスマスイブを描いた「とくべつな早朝」。デビュー作「桃子」を含む珠玉の21編を収録した待望の短編集。

<感想>
江國さんを初体験するなら、この1冊を勧めます。
私は「デューク」を読んで心を捕まれた気がしました。どの文体も江國Wolrdです。
不思議なふわっとした感じを楽しんでください。

-書籍評, 江國香織

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.