奥田英朗 書籍評

ガール 奥田英朗 著

投稿日:2010-03-04 更新日:

<あらすじ>
30代。OL。文句ある?さ、いっちょ真面目に働きますか。キュートで強い、肚(はら)の据わったキャリアガールたちの働きっぷりをご覧あれ。
<こんなお心あたりのある方に、よく効きます。

<感想>
「ららぴぽ」に続きライト感覚な小説。
毎回読み終えた後に思うが、奥田氏の小説は読みやすく、引き込まれやすくハズレがない。だけどそろそろ「最悪」や「邪魔」のようなハードな小説を読みたいな。
さて、「ガール」について。
10,20代前半にはわかんない小説だろう。読んだあとに、「30代の女性の気持ちがわかった」とか「オンナって怖~い」なんて言われたくない。「痛いけど、図星だ」と思いながら「誰がどう言おうと、私はこれからも自分らしく生きる!死ぬまで青春!」と言いたくなる小説であって欲しい。
最近職場でつくづく思う。若いってそれだけで可愛いと。悲しいけど現実。
若いコトで勝ち誇られても仕方ねぇーなと思う。そして私も若いコトをウリにしてた時があったなと。だけどみんな歳は平等に取って行く。どんな30代、40代、50代を生きるのか?それが大切だと。
「ヒロくん」「マンション」「ガール」「ワーキングガール」「ひと回り」の5短編で構成されているが印象に残ったのは「ガール」。
私のそばにこんなオンナがいたら引いてるし、好きじゃないだろうけど、
貫くことに素晴らしさがあるし見かけは人の中身と違う。
あっぱれ!ガールスタイルを貫いてくれ!と思えた小説だった

-奥田英朗, 書籍評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.