乙一 書籍評

暗いところで待ち合わせ 乙一 著

投稿日:2010-03-04 更新日:

<あらすじ>
視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。職場の人間関係に悩むアキヒロ。駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家へ逃げ込み、居間の隅にうずくまる。他人に気配に怯えるミチルは、身を守るため、知らない振りをしようと決める。奇妙な同棲生活が始まった──。

感想>
ホラー系の小説とファンタジーの小説。どの乙一に1番最初に出会うかで印象がかなり違うだろう。私はこの「暗いところで・・」が出会いだった。
低い温度でぼぉ~っと温かい気持ちにさせてくれる小説家だと思う。
状況説明もわかりやすく、キズつきやすい気持ちを持てあます主人公の痛みが伝わるが、感情的でない淡々とした文章で描いた小説。

-乙一, 書籍評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.