書籍評 重松 清

みぞれ 重松 清 著

投稿日:2010-03-04 更新日:

<あらすじ>
あなたに似た人が、ここにいるー。
幼なじみの少女が自殺未遂、戸惑いながら「死」と向き合う高校1年の少年。「拝啓ノストラダムス様」
結婚7年目、セッカチな夫に最近ウンザリしてきた妻。「電光セッカチ」
子供がいないとつい言えなくて一芝居うつ羽目に陥った夫婦。「石の女」どちらががリストラされる岐路に立たされた40歳の同期社員。「メグちゃん危機一髪」晩年を迎えた父に、複雑な思いを抱く43歳の息子・・・。「みぞれ」ひたむきな人生を、暖かなまなざしでとらえた11の物語。

<感想>
短編11作からなる「みぞれ」。
ほんと、悔しいけどすんなり読めてじんわり心に染み入るものがあります。特に印象に残ったのは「電光セッカチ」、「遅霜のおりた朝」、「石の女」の3編。
家族のこと、父親との関係、悪気はないのに傷つける人の言葉や行動・・・どれも日常のどこにでもある一部を描いたような小説でした。

-書籍評, 重松 清

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.