書籍評 雫井脩介

犯人に告ぐ 雫井脩介 著

投稿日:2009-07-05 更新日:

<あらすじ>
神奈川県下で連続児童殺人事件が発生。 特別捜査官・巻島史彦は夜のニュース番組に出演、公開捜査を敢行する。 姿見えぬ犯人との《対話》で事件は解決できるのか? 『小説推理』連載中から大反響を得た、スリルあり感動ありの斬新警察小説!

<感想>
読み応えがあった。 本書の終盤は途中でやめる事ができなかった。
過去の幼児誘拐事件と現在(いま)の幼児連続殺人事件を軸に 警察内部での人間関係や、社会の世論、ニュース報道の裏側なども練り込みながら話は進む。 視聴率を取る2つのニュース番組が出てくるのだけれど、 自分の中でイメージ(テレ朝とTBS)を想定して読んでしまっていた。

-書籍評, 雫井脩介

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.