書籍評 東野圭吾

片想い 東野圭吾 著

投稿日:2009-07-27 更新日:

<あらすじ>
大学時代のアメフト部のマネージャーと十年ぶりに再会した哲朗は美月を見て驚く。美月は男の姿をしていた。彼女から、殺人を告白された哲朗は、美月の親友である妻とともに、彼女をかくまうが…。十年という歳月は、かつての仲間たちを、そして自分を、変えてしまったのだろうか。過ぎ去った青春の日々を裏切るまいとする仲間たちを描いた、傑作長篇ミステリー。

<感想>
小説のタイトルは「片想い」だが内容は恋愛ものと趣が違う。性同一性障害やトランスジェンダー(性同一性障害者のうち、解剖学上の性とは逆の性での社会生活を行うが外科的手術までは望まない人)について真っ正面から挑んだ作品である。
この小説を東野圭吾作品のNO.1にあげる人も多いようだが、私は彼の作品の中で好きでない小説の部類に入る。ただ、好みでない内容でも最後まで読ませてしまう文章力は圧巻。
ミステリー(分類はそうなるようだ)として性差の話を中心に仲間達の友情や妻との関係なども含めて進むところがこの小説の魅力かも知れない。

-書籍評, 東野圭吾

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.