書籍評 東野圭吾

変身  東野圭吾 著

投稿日:2009-09-27 更新日:

<あらすじ>
平凡な青年・成瀬純一をある日突然、不慮の事故が襲った。
そして彼の頭には世界初の脳移植手術が行われた。
それまで画家を夢見て、優しい恋人を愛していた純一は、
手術後徐々に性格が変わっていくのを、自分ではどうしようもない。
自己崩壊の恐怖に駆られた純一は自分に移植された
脳の持主(ドナー)の正体を突き止める。

<感想>
最近、売れっ子作家である東野圭吾。
この作品が私の東野圭吾の初めての小説。
脳移植が題材で興味をそそられた。
自分が知らない間に誰かに支配されてゆく・・・
実際に脳移植があれば、そんなことが起こるのではないかと想うほどのリアルさがよかった。
しかし現実には脳移植などは不可能とされている

-書籍評, 東野圭吾

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.