吉田修一 書籍評

パーク・ライフ  吉田修一 著

投稿日:2008-09-27 更新日:

第127回芥川賞受賞

<あらすじ>
東京地下鉄日比谷線の通勤電車の中で、ぼんやり考え事をしていた主人公が静寂の中、思わず声を出してしまう。
まるで誰かに話しかけるように・・・。
もちろん知り合いと乗っていなかった主人公は失笑をかいかけるが、
乗り合わせていたある女性がその話しかけに答えてくれ、
その場を乗り切ることが出来た。
そして、知り合いのふりをしてくれた彼女は同じ駅で降りたのだった。
東京のド真ん中「日比谷公園」を舞台に
男と女の「今」をリアルに描く、第127回芥川賞受賞作。と、「flowers」の2編。

<感想>
芥川賞受賞作。 話題の小説。一応読んでおこうと購入。
私には芥川賞選考の根拠がわからないゾ。個人的に「日比谷公園」には想い出があり、歩いたことがあるので、小説の中に何度も出てくる日比谷公園の描写は頭の中にリアルに想像できて楽しかった。私は「パーク・ライフ」より「flowers」の感じの方が好きだな。

-吉田修一, 書籍評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.