その他 書籍評

ベイブルース 25歳と364日 高山トモヒロ著

投稿日:2009-11-26 更新日:

20091126_1294425<内容>
1994年10月31日。25歳と364日で人生の幕を閉じた天才漫才師、ベイブルース河本栄得を知っていますか?
数々の賞を受け、確実に将来を有望視されていた漫才コンビ「ベイブルース」を突如おそった河本栄得の死。あれから15年。河本の15回目の命日に、相方高山トモヒロが自身の幼少期の思い出から河本との出会い、そして別れまでを克明に綴った。

<感想>
私は、漫才師「ベイブルース」を知っている。大好きなコンビだったし、河本くんはおもしろかった。彼らが出ている関西ローカル番組はよく見ていたし、これからが楽しみなコンビだった。ある深夜、MBS局の関西ローカル番組にベイブルースが出ていた。河本くんはおもしろかった。なのに、翌朝のニュースで河本くんが劇症肝炎で急逝したと聴いた。ほんとうに残念に思った。これからの漫才コンビだったのに。
一時、TVで見なくなっていたベイブルースの高山くんを5年ぐらい前からよく見るようになった。彼らのファンだった私は高山くんの活躍をうれしく思っている。
いまだに高山くんを見ると、「ベイブルース」を思い出すし、相方だった河本くんのことを思い出したりする。でも、高山くんは今まで相方の河本くんのことについて特別語ってこなかった。「ベイブルース」のファンだった私は、高山くんから河本くんのことを語って欲しいなっとどこかで望んでいたから、この本を河本くんの15回目の命日に高山くんが綴ったとある番組で高山くん自身が宣伝していたのを知って、彼らへの応援もこめてこの本を購入した。
内容や文章はやっぱり素人だけれど高山くんの「想い・感情」がいっぱい詰まっていた。
私は「ベイブルース」を河本栄得と言う男を忘れない。
 

-その他, 書籍評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.