百田尚樹

書籍評

「モンスター」 百田尚樹 著

<あらすじ> 田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・美帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた美帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美...
書籍評

「永遠の0」 百田尚樹 著

<あらすじ> 「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの...
タイトルとURLをコピーしました