角田光代

書籍評

八日目の蝉 角田光代 著

<あらすじ>  逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか・・・。東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そしてその後のふたりに光はきざすのか。 第二回中央公論文芸...
書籍評

幸せな遊戯 角田光代 著

第26回吉川英治文学新人賞受賞作 <あらすじ> ハルオと立人と私。恋人でもなく家族でもない三人が始めた共に同居生活。この生活の唯一の禁止事項は「同居人との不純異性行為」本当の家族が壊れてしまった私にとって、ここでの生活は奇妙で温かく幸...
タイトルとURLをコピーしました