永瀬隼介

書籍評

わたしが愛した愚か者 DojoⅡ 永瀬隼介 著

<あらすじ> 広告代理店をリストラされ、ひょんなことから空手道場を預かることになった藤堂忠之。図々しい中年男の富永や、生意気な後輩の健三、元同僚で恋人の悠子ら、周囲の人間に振り回されながらも空手一筋、といきたいところだが…。 <感想...
書籍評

Dojo 道場 永瀬隼介 著

<あらすじ>  負け組で悪いか!  ひょんなことから空手道場を預かることになったリストラ社員の藤堂は、道場破りのプロレスラーやロシアの金髪美人など、奇妙な人々が持ち込む難題の数々に、体当たりで挑む。 先輩の神野に頼まれて、空手道場を預...
タイトルとURLをコピーしました