沼田まほかる

書籍評

「九月が永遠に続けば」沼田まほかる 著

<あらすじ> 高校生のひとり息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必至に探すうちに見え隠れしてきた雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が佐知子の恐怖を増幅する。悪夢のよ...
書籍評

彼女がその名を知らない鳥たち  沼田まほかる 著

<あらすじ> 八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳年上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。「黒崎が行方...
書籍評

ユリゴコロ  沼田まほかる 著

<あらすじ> 亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。創作なのか、あるいは事実に基づく手記なのか。そして書いたのは誰なのか。謎のノートは亮介の人生を一変させる驚愕の...
タイトルとURLをコピーしました