大崎善生

大崎善生

孤独か、それに等しいもの 大崎善夫 著

<あらすじ> 今日1日かけて、私は何を失ってゆくのだろう―。 孤独の先にあるものを指し示し、 明日への小さな一歩をあと押しする珠玉作品集。 憂鬱にとらえられ、傷つき、かじかんでしまった女性の心を繊細に映しだし、灰色の日常に柔...
大崎善生

アジアンタム・ブルー 大崎善夫 著

吉川英治文学新人賞受賞後第一作 <あらすじ> 葉子が亡くなってからというもの、僕はいつもデパートの屋上で空を見つめていた。愛する人が死を前にしたとき、いったい何ができるのだろう?喪失の悲しみと優しさの限りない力を描く。 <感想> ...
大崎善生

パイロット・フィッシュ 大崎善夫 著

<あらすじ> 人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない。 それは、かつての恋人から19年ぶりにかかってきた1本の電話からはじまった。 恋人や友、かけがえのない人々との出会いと別れを通じ、 人間の"やさしさ"を描きき...
タイトルとURLをコピーしました